機器分析センターバナー 機器分析センターバナー

主な機器・設備のご紹介

機器名を選択してください

生体分子間相互作用解析システム
レーザーイオン化飛行時間型質量分析装置 AXIMA-CFR plus

体のなかのタンパク質は、いろいろな疾患と関連しています。この装置は、強いエネルギーを加えてイオン化されたタンパク質の飛行時間を測定し、タンパク質 の分子量を計算して、そのタンパク質の種類や量を調べることができます。そのようにして、体の中のタンパク質の働きを調べることができるようになります。

AXIMA-CRF plus_2

AXIMA-CRF plus_1

機器名・型式生体分子間相互作用解析システム       
レーザーイオン化飛行時間型質量分析装置 AXIMA-CFR plus
メーカー名島津製作所
納入会社名竹田理化工業(株)
機器管理責任者新津 勝(所属)薬・薬学科教育支援室(内線8406)
設置場所機器分析センター 111室
文部科学省助成機器
納入年月日平成17年3月25日
測定責任者 

本システムの特色と性能

生体分子あるいは薬物・毒物・食品成分の相互作用を分子レベルで高精度に定性および定量するのが本システムである。本システムは1.タンパク質の質量とその構造解析、2.物質間結合の強度・速度・濃度・特異性の解析、3.核酸の定量、4.アミノ酸の定量からなる。本システムは、以下の機器から構成されており、それぞれの特徴と性能は以下のとおりである。

1.本機の特色と性能

プロテオーム解析は大量の検体を迅速、確実に解析することが求められており、しかもサンプルは微量で貴重なために高分解能・高感度・高機能測定を迅速に行う必要がある。

MALDI-TOFMS、AXIMA-CFR plusは、プロテオーム解析で標準仕様の384-Well対応、各種自動測定機能を標準装備しており、「20,000以上の高い分解能」・「高感度」・「迅速にクリーンなMS/MSスペクトルを得るための島津独自技術CFR(Curved Field Reflectron)によるシームレスPSD機能」といったタンパク同定作業に必須の性能も完備している。

また、本装置は、高分解能20,000、高質量数精度10ppmが見積もられるので、ペプチド領域(m/z500~4000)での正確な分子量測定が可能で、Peptide Mass Fingerprinting(PMF)で、分子量を識別する能力(質量分解能、質量数精度が)高く、1Da間隔の同位体分布まで完全に分離できる。さらに、自動分析ソフトウエア( IntelliMarque )により、ハイスループットのタンパク質同定をレーザーの照射位置やパワーの自動調整を行い、複数サンプルの自動分析が可能である。これらの測定・分析結果を検索エンジン(「Mascot」, Matrix Science社製)に転送し、自動検索を行うことも可能である。

実用的なシームレス PSDを実現、MS測定の心臓部には、測定の手間がかからないだけでなくスペクトルにつなぎ目がなく解析しやすい、と定評のある「Curved Field Reflectron(CFR)」を独占使用されている。シームレスPSD測定では、一回の測定で全てのフラグメントイオンが検出され、面倒なチューニング操作は不要である。研究現場で実際に使えるPSD測定を実現されている。

2.付属装置とその性能

  1. カラーレーザープリンター
  2.  サンプルプレート(メーカーから各種サンプルプレートが用意されているが、原則、ステンレスの384プレートを使用すること)

3.使用規定および使用上の注意

  1. 使用後は、カメラウィンドウのみ閉じ、本体、オペレーションソフトは起動させ、また、本体、PC、モニターのスイッチは切らないこと。(重要)
  2. 「Acquisiition」ウインドの「Vent」ボタンは絶対に触らないこと。(重要)
  3. サンプルプレート挿入口は、5分間経過後、自動で閉じます。サンプルプレート挿入時には留意すること。(重要)
  4. ファイルの保存は、各研究室・講座名あるいは個人名のあとに内線番号を書くこと。例)Food Science 841など。
  5. PC内のデータは定期的に整理削除するので、重要なデータはバックアップを取り、データは、USBメモリーで持ち帰えること。
  6. 標準試薬、サンプルプレートは各研究室で、用意すること。
  7. 予約は予約カレンダーに時間単位で、4時間以上連続にならないように記入し、使用予定が変更になった場合は、速やかに削除すること。
  8. 装置使用後は、備え付けのノートに必要事項をご記入すること。
  9. トラブルが発生した時は、機器分析センター 三橋(内線6293)まで、連絡のこと。

AXIMA-CFR Plusについてのご質問の連絡先は
(株)島津製作所  075-823-1351(テクニカル)  048-646-0095(全般)

4.使用者小委員会の構成

現在のところ設定していない。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活