機器分析センター 機器分析センター

主な機器・設備のご紹介

機器名を選択してください

リアルタイムPCR解析装置 Step One Plus

特定の遺伝子を特異的に増幅して、その遺伝子の発現量を測定する装置です。また、ある遺伝子中の変異を特異的に検出することも可能です。

StepOnePlus_1

StepOnePlus_2

機器名・型式リアルタイムPCR解析装置 Step One Plus
メーカー名アプライドバイオシステム
納入会社名竹田理化工業(株)
機器管理責任者山崎  研  (所属) 薬・毒性学講座(内線6212)
設置場所機器分析センター 111室
文部科学省助成機器 
納入年月日平成22年3月26日
測定責任者 

1.本機の特色と性能

長寿命LEDを採用した光学検出システムにより、FAM™ /TAMRA™ /SYBR® Green、VIC® /JOE™ そして ROX™ などの蛍光色素が検出でき、遺伝子発現解析、病原遺伝子の定量、SNPジェノタイピング、などの実験を行うことが可能である。また、ブロック交換を行うことなく、スタンダードモードと、40分以内にランが完了するFastモードの両方が可能である。さらに、StepOnePlus™ システムはペルチェ・ブロックを搭載したVeriFlex™ を採用しており、6つの独立分割した制御を行うことができる。

また、Step One plus software(v2.1)により、検量線を用いた定量、相対定量(comparative Ct)など従来の定量に加えて、プレート間での比較解析が可能になった。

2.付属装置とその用途

制御用のPCとしてStep One Plus software (v2.1)をインストールしたDELLLatitude E6500を採用している。

3.使用規定および使用上の注意

  1. 操作ガイドを熟読すること。セット、シャットダウン方法の手順を間違えないこと。
  2. サンプルブロックは常にきれいに保つこと。
  3. 測定後は、所定のノートに必要事項を記入すること

4.使用者小委員会の構成

現在のところ、設定していない。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項