機器分析センターバナー 機器分析センターバナー

主な機器・設備のご紹介

機器名を選択してください

DNAシーケンサー PRISM310

機器名・型式 DNAシーケンサー PRISM310
メーカー名 Applied Biosystems
納入会社名竹田理化工業(株)
機器管理責任者日比野康英 (所属) 薬・生体防御学講座 (内線6619)
機器管理責任者岡﨑真理  (所属) 薬・薬品作用学講座 (内線2570)
設置場所 16号館 518室
文部科学省助成機器 
納入年月日平成13年4月1日
測定責任者 

1.本機の特色と性能

シングルキャピラリーDNAシーケンサーであり、キャピラリーはlongとshortの2種類を選択できる。long では約500bp、shortでは約300bpの解析が可能である。1検体の解析所要時間は、longで約3時間、shortで約2時間。同様のDNA sequencing機能を有するShimadzu DSQ2000Lでは、一回に10検体、約1000bp(24時間)が測定可能であるが、ゲル作成に最低3時間を要する。ABI 310では、前処理がPCR、エタノール沈殿のみで、ゲル作成は不要。また、Shimadzu DSQ2000Lは、FITC標識されたプライマーを必要とするが、ABI 310ではプライマーの標識は不要。

2.付属装置とその用途

取得したデータを解析する,コンピューター本体と結果を出力するプリンターを装備している.

3.使用規定および使用上の注意

1.使用予約

機器分析センターに備え付けの予約表に、使用予定日、所属、利用者氏名、使用時間を記入する。

2.利用方法

利用者
利用者は、講習会を受講した者に限ります。なお、講習会受講者には、ライセンス許可証あるいは受講証を発行する。

使用記録
記録簿に、年月日、所属、利用者名、利用時間、サンプル数、積算数を記入する。記録簿は、ロングリード用とラピッド用の2種類があり、使用するキャピラリーに対応したノートに記入する。

3.利用手順

機器の利用手順に関しては、機器本体に備え付けの取り扱い説明書を理解した上で行う。学生の利用は、教員の指導のもとで行うこと。
通常はラピッド用のキャピラリーが装着されているが、ロングリード用に付け替えて使用が可能。この際、付け替えと設定は利用者本人が責任をもって行うこと。
また、使用後は、ラピッド用に再度装着して設定を行うこととする。尚、装着した場合および外した場合のいずれにおいても、キャピラリーの先端が乾燥しないように注意すること。
泳動用サンプルの調製は、利用者自身が行うこと。但し、サンプルの泳動に必要な以下の消耗品は、機器の使用料金に含まれるため、必要に応じた最低量を使用すること。
特に、ポリマーは室温での利用期間が短いため、実験者が一連の利用を計画している最少量に近い量を充填すること。
消耗品は、流し台横の冷蔵庫または機器本体設置された実験台引き出しに保管する。以下の消耗品が残り少なくなった場合は、機器センター(内線6293)に連絡する。

ABI 310 Genetic Analyzer共通試薬

・10×Buffer with EDTA (ABI:#402824)
・310 POP6 kit (POP6 3 mL+TSR 4 mL×2) (ABI:#402844)
・キャピラリー Short 47 cm×50 μm  5本 (ABI:#402839)
 Long 61 cm×50 μm  2本 (ABI:#402840)
・サンプルチューブ (0.5 mL) 500個 (ABI:#401957)
・プリンターインク (EPSON EM900CN カラー:IC3CL04, ブラック:IC1BK04 )

4.トラブルへの対応

トラブルが発生した場合には、必ずセンター職員(内線6293)に連絡する。連絡が取れない場合は、日比野(内線6619)あるいは岡﨑(内線2570) に連絡すること。また、自ら何らかの対応を行った場合にも機器分析センター事務室に報告すること。トラブルについては、必ずその内容と対応事項(センター に連絡したこと、およびその詳細)を、故障報告書(書式1:機器本体にも備え付けてある)に記入しセンター事務室に提出する。
本機器は、常時電源 をオンにしておくため、利用が終わっても電源を切らないこと。また、本機器は無停電電源装置に接続しており、約7分間電源の供給がなくても対応が可能。 従って、外部電源がこの間に復旧すればデータは失われないが、これを越えた場合は対応が不可能である。このため、停電があらかじめ予想される場合は、機器の利用を控えること。また、このような場合は、管理責任者の方であらかじめ手順に沿ってシャットダウンする。
無停電装置のプラグは、許可なくコンセントから抜かないこと。

5.技術的な問い合わせ

機器の使用に関する技術的な問い合わせは利用者が行う。(故障・修理に関しては機器分析センター事務室が対応するので、この点間違えないようにすること。)


アプライドバイオシステムズジャパン(株) 代表03-5566-6220
フリーダイヤル
アプリケーション:0120-477-392
保守      :0120-203-885
(連絡時に、本体シリアルNo.:310000213を伝えること。)

4.使用者小委員会の構成

現在のところ設定していない。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活