聴き上手な先生になろう【城西大学】

「自分が担任だったらどうするか」を考えて (教職課程)

教職課程

聴き上手な先生になろう

【教育相談】は教職課程の必修科目です。今学校では、不登校やいじめなど、対応の難しい問題が色々と起きています。この授業では、それらの問題の現状につ いて講義を受けた後、架空の事例について「自分がもし担任の先生だったらどう対応するか」を考えて、小グループに分かれて話し合い、互いに知恵を絞ってよ り良い対応を考えてゆきます。また、そのような問題を未然に防ぐためには、先生が生徒にとって安心して気軽に相談できる存在であることが大切です。この授 業では、話し手と聴き手の役割を演じることによって良い聴き手になるための練習を重ねます。状さ大学では、教職課程センターが、教職を目指す学生を学部を超えて支援します。
城西ナビ
城西の学び