数理モデルのシミュレーション

数理モデルのシミュレーション

理学部数学科

右の図は、微粒子分散液が乾燥する際に、粒子間に働く毛管力によって粒子が凝集する様子です。泥水やコーヒーが乾燥後にシミを作る現象に対応しています。 数理モデルを差分法という手法で解く、気液固三相流シミュレーションで得られた画像です。天気予報など将来の予測や、飛行機の翼の開発など膨大なコストが かかる研究では、コンピュータを用いたシミュレーションは欠かせません。数学科の【実用アルゴリズム論】では、シミュレーションの理論と手法を学びます。

コーヒーが乾いた跡のシミを解くと

城西ナビ
城西の学び