就職部長ご挨拶

城西大学は、多年にわたって大蔵大臣を務めた水田三喜男先生によって、国家社会に有用な人材を輩出しようと昭和40年に創立されました。本学の建学の精神は「学問による人間形成」というもので、豊かな知性と教養を身につけ、人間としての魅力にあふれた人材を育てたいという願いが込められています。

倉成正和

就職部長 倉成正和
城西大学就職部の基本姿勢は、(1)学生全員への指導、(2)相談者へのきめ細かい指導、(3)一社一社の企業さまを大切にするということです。学生全員への指導については、学部連携によるキャリア形成教育を行います。まず、1年次生にキャリア形成教育のオリエンテーションを行い、2年次生には、将来を考えてキャリアデザインノートを作成してもらいます。3年次生にキャリアデザイン・ガイダンスを実施しています。

本学では経済学部、現代政策学部、経営学部の社会系3学部においては、1年次生から4年次生まで全員ゼミナール制(1年次がフレッシュマンセミナー、2年次がソフォモアセミナー、3年次がゼミナールⅠ、4年次がゼミナールⅡ)をとっており、各ゼミナールごとにゼミナール別ガイダンスを実施しています。ガイダンス終了後にアンケートをとり、その中の学生の質問には必ず答えています。

また、2年次生には、向き不向きを明確にするコンピテンシー検査、3年次生には基礎能力試験とSPI検査を実施しています。さらに、キャリア形成対策講座として、就職筆記試験対策講座(SPI・一般常識・時事講座)、Uターン就職ガイダンス、国家(地方)公務員採用試験説明会、警察官採用試験説明会、防衛省自衛官採用試験説明会、消防庁採用試験説明会、就活ビデオ視聴会、エントリーシートの書き方指導、面接の対策指導をやっています。

相談者へのきめ細かい指導に関して、3年次生より、実務経験豊かな専任職員がつき、内定が取れるまで責任を持って指導しています。就職部は学生のキャリアアップを1年生から、4年生で内定が取れ、卒業するまでサポートします。就職部はご子女の内定獲得だけをゴールとしていません。その先の働き方をも射程にいれたキャリア教育をしています。これによって挨拶ができ、目標が明確になり、自分に自信が持てるようになります。学生の就職活動にあたって、就職部は「大きな後ろ盾=大きな力の源」になります。

城西大学就職部は、一社一社の企業様を大切にするという基本姿勢をもっております。城西大学は昭和45年創立以来今日まで、数多くの卒業生が企業や役所、学校等で活躍しておりますが、就職先の皆様から「城西大学の卒業生は、積極的で、粘り強く堅実で、よく働き、組織を支えている人が多い」という評価を得ています。これもひとえに、本学の卒業生をご採用いただいている皆さま方のご指導ご鞭撻のたまものと深甚なる感謝を申し上げます。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活