経済学研究科

研究科紹介

設立趣旨

城西大学の建学の精神は「学問による人間形成」です。

「経済・財政の水田」として日本の経済成長と国際的地位向上の推進役となった、創立者 故水田三喜男が、12年間の大蔵大臣を経たのち、日本が一番必要とするものは教育であることを痛切に感じ、次代を担い得る人材は学問を通してこそ育成されるという考えを基に創立した大学が城西大学です。

以来、この建学の精神の具現を目指して、城西大学は経済学部、現代政策学部、経営学部、理学部、薬学部の5学部および短期大学を設け、その上に立って大学院を設置し、逐次その充実に努めてきました。

経済学研究科は、1978年4月に全国でもめずらしい「経済政策専攻」としてスタートしました。経済学の理論と現状の習得を目指して経済主要7部門を開設しました。さらに、<産業経済論>と<地域開発論>を含めて、国際化・グローバル化を軸とすることを特色としました。このことは、近年の複雑化するグローバル時代を先取りしたものとなっております。

理念と教育方針

理念と教育方針については大学案内の「大学情報公開」からご覧ください。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項