経営学研究科

研究科紹介

設立趣旨

現在、時代的ニーズとして、内外の組織において求められているイノベーターとは、旧い制度や事業の改革者たるイノベーター、新しいビジネスや製品を創造する起業家精神に富むイノベーターにほかなりません。
イノベーターに求められる資質とは、専門的基礎知識に加えて、グローバルな見識から内外の環境変化に対処する適応力、事態を分析・洞察して新しい価値創造や新しいビジネスモデルを作り上げる創造力、さらに問題解決に向けて革新的戦略計画を立案し実施する指導力(リーダーシップ)です。

このような時代的ニーズを反映した、在学生や卒業生、地域の公共機関や企業、さらに外国人留学生からの要望を受けて、本学に大学院経営学研究科ビジネス・イノベーション専攻(修士課程)を開設して、少数精鋭の専門教育を実施することにより、「国際的視野に立ち、創造的ビジネスを推進するイノベーターの育成」を目的とすることが設立の理由です。なお、本研究科の授業は、坂戸キャンパスと東京紀尾井町キャンパスの両校舎で行われます。

理念と教育方針

理念と教育方針については大学案内の「大学情報公開」からご覧ください。

研究科長挨拶

経営学研究科長 草野 素雄

経営学研究科長
草野 素雄
城西大学の建学の精神は「学問による人間形成」です。

「経済・財政の水田」として日本の経済成長と国際的地位向上の推進役となった創設者・水田三喜男が、12年間の大蔵大臣を経たのち、日本がいちばん必要とするものは教育であることを痛切に感じ、「時代を担い得る人材は学問を通してこそ育成される」という考えを基に1965年4月20日に創立した大学が城西大学です。

以来、「学問による人間形成」という建学の精神の具現を目指して、城西大学は、経済学部、経営学部、理学部、薬学部の四学部および短期大学を設け、更にこれをベースに大学院を設置し、逐次その充実に努めてきました。本学大学院は経済学研究科、理学研究科および薬学研究科で構成されてきましたが、2003年度より新たに「経営学研究科ビジネス・イノベーション専攻(修士課程)」が加わりました。
国際的視野に立ち、創造的ビジネスを推進するイノベーターを育成いたします。

21世紀を迎え、国内外を取り巻くビジネス環境は、大きな変化に見舞われています。こうした時代に求められるイノベーターの資質とは、専門的基礎知識に加えて、異文化を理解し共生するグローバルな見識、事態を分析評価して新しい価値創造や新しいビジネスモデルを作り上げる創造力、さらには問題解決に向けて革新的計画を立案し実施するリーダーシップであると思います。

このような時代的要請に対応するため、本学に大学院経営学研究科ビジネス・イノベーション専攻(修士課程)を創設しました。本研究科では少数精鋭の専門教育を実施し、国際的視野に立ち、創造的ビジネスを推進するイノベーターを育成します。

院生に対するキャリアサポートや進路指導を積極的に推進します。

本研究科では、コミュニケーション能力、IT活用、国内外でのインターンシップなどを積極的に実施しています。また、産学協同研究プロジェクトの一環として、「企業研究」(ビジネス・イノベーション研究会)を定期的に、城西大学東京紀尾井町キャンパスと坂戸キャンパスで開催しています。

本研究科は、院生のキャリア形成も積極的に推進します。さらに本学就職部と連携し、産業界との密接な協力関係を築きながら、院生の進路指導にも力を入れています。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項