薬学研究科

薬科学専攻(後期)_機能性食品科学講座

薬学研究科博士後期課程 薬科学専攻 食品機能分野

機能性食品科学講座
Laboratory of Functional Food Science

職位

氏名

大学院担当科目

教授

古旗 賢二

食品機能特論演習Ⅱ

助教

中谷 祥恵

 

研究内容

食・薬中間領域の科学的評価の実践とその学際的応用を教育研究の目標としている。すなわち伝統的な食品から薬膳、ハーブ、 新開発食品にいたるさまざまな機能性食品素材あるいはそれらの成分を対象にして、生物有機化学的、細胞生理学的、分子生物学的、生物情報学的手法を用い、生体調節作用、体調調節作用、疾患リスク低減作用ばかりでなく、食毒性、医薬品との相互作用等の安全性について解明、考察する能力の修得を目指している。

業績(主な業績3報)

1.Sachie Nakatani, Hiroshi Mano, Chiho Sampei, Jun Shimizu, Masahiro Wada. Chondroprotective effect of the bioactive peptide prolyl-hydroxyproline in mouse articular cartilage in vitro and in vivo. Osteoarthritis Cartilage, 17:1620-1627 ,2009.

2.Yuusuke Sekiguchi, Hiroshi Mano, Sachie Nakatani, Jun Shimizu, Masahiro Wada. Effects of the Sri Lankan medicinal plant, Salacia reticulata, in rheumatoid arthritis. Genes Nutr., 5:89-96, 2010.

3.Kenji Kobata, Makoto Mimura, Mai Sugawara, and Tatsuo Watanabe. Synthesis of Stable Isotope-labeled Precursors for the Biosyntheses of Capsaicinoids, Capsinoids, and Capsiconinoids. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 75 (8), 1611-1614, 2011.

人材育成の目標

  1. 機能性食品科学は、非常に多くの学問分野(食品学・分析化学・分子生物学等)を基盤とした応用科学です。高い専門性を有する機能性食品科学の素養のみならず、関連基礎科学の広い高度な学識を持った専門家の育成を目指します。
  2. 薬科学をはじめとする先端科学に関するコースワークを通して、修得した学問の高度な応用力、実践力を身につけることを目標としています。
  3. 研究発表、文献紹介などのリサーチワークを通して、高度な科学性に基づくコミュニケーション能力ならびにプレゼンテーション能力の向上をはかります。
  4. 研究実施計画の立案に自ら取り組むことにより、高度な研究開発能力、マネージメント力を身につけます。
  5. 高い研究成果が得られた場合は、学会発表および論文作成など社会に研究成果を還元することをバックアップします。
  6. 他大学および社会人の大学院生も積極的に受け入れているため、様々なバックグラウンと交ドの人流できます。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項