薬学研究科

薬科学専攻(後期)_臨床薬効解析学講座

薬学研究科博士後期課程 薬科学専攻 食品機能分野

臨床薬効解析学講座
Laboratory of Clinical Science and Biomedicine

研究内容

本講座は、癌患者の予後を改善することを目的として、主に分子生物学的手法、免疫学的手法や生化学的手法を用いて、癌の病態を解明して新規治療法を開発す る研究、および生体内で主に免疫システムや炎症を制御する生理作用を有する IL-17 ファミリーなどの各種サイトカインのバイオロジに関する研究を行っている。具体的には、(1).癌の新規免疫遺伝子治療法の開発、(2).腫瘍血管新生の メカニズムの解明及び腫瘍血管新生の制御による癌の新規治療法の開発、(3).各種サイトカインのバイオロジ及び気管支喘息などの呼吸器疾患の病態の解明 の3つの主要な研究グループに分かれて研究活動を行っている。DNA、mRNA、発現ベクター(ウイルスベクターを含む)、細胞(リンパ球や血管内皮細胞 などの正常細胞や癌細胞)、動物(マウス)および蛋白質等を広範囲に扱う基礎から最先端の応用研究を実践し、生命科学や創薬科学および関連分野の学問に関 する幅広い専門的知識と高度な技能、これらの分野における科学的問題を発見して解決する能力の修得を目指す。

研究内容

生命倫理を基盤として、生命科学や医療薬学に関する幅広い専門的知識や高度な技能を修得し、独創的な医療薬学研究及び創薬科学研究を遂行しうる創造性豊かな薬科学研究者及び教育者として、人類の健康および社会の進歩に貢献できる人材を育成する。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活