薬学研究科

薬科学専攻(後期)_生物有機化学講座

薬学研究科博士後期課程 薬科学専攻 食毒性分野

生物有機化学講座
Laboratory of Bioorganic Chemistry

職位

氏名

大学院担当科目

教授

杉田 義昭

食毒性特論演習II

助教

高尾 浩一

 

研究内容

生物体により合成される多様な有機化合物は、生体内で様々な機能を担っている。特に、特定の科や属の生物において合成される二次代謝産物は、その分布が限定的であるものの、特徴的な生物活性を持つものが多く、古くから薬や毒物として利用されている。これら化合物の産生について生合成機構を視点に捉えると、生物体には、未だ知られていない生物活性を持つ有機化合物が数多く存在するものと考えられる。当研究室では食品素材を含む天然物中の種々の生合成経路に着目し、既存の生合成反応の修飾に伴う新たな化合物の生成、更にはこれら化合物が新たな機能を持つことを仮説として立て、生物体で生合成され得る有機化合物を有機合成し、これら化合物の生理機能の探索および天然物成分としての探索を進めている。

更に、日常的に摂取される食品成分と生体成分あるいは生体分子との間に起こる未知の反応に基づいた生理機能調節に着目し、食品成分による生体分子の修飾などに焦点を当て、生体内酵素反応に伴う新たな化合物生成の探索、更にはこれら化合物が持つ機能性の発現による生体への影響を分子レベルで、より詳細に解析するとともに、新規化合物の安全性や毒性発現機序を評価している。このようにして得られた情報を元に、疾病の予防や治療に効果が期待できる機能性食品・医薬品の開発につなげることを目指している。

また、食品成分あるいは生体成分そのものが、生体に影響を与える可能性を探る研究の一環として、天然物中や生体内に広範囲かつ多量に含まれるポリアミンに着目し、ポリアミンによる消化管機能の修飾による生体への影響や、ポリアミン代謝酵素と薬物代謝との関わり、ポリアミン代謝と病態との関連などを明らかにする研究も進めている。

業績(主な業績3報)

1.Sugita, Y., Takao, K., Sugino, Y., Kuwabara, R., Shirahata, A., Enhancement of gastrointestinal absorption of ovalbumin caused by spermine induces an increase in plasma histamine levels in mice sensitized to ovalbumin. Biol. Pharm. Bull., 34, 415-419 (2011).

2.Takao, K., Sugita, Y., Shirahata, A., Evaluation method for polyamine uptake by N1-dansylspermine. Amino Acids, 38, 533-539 (2010).

3.Sugita, Y., Takao, K., Toyama, Y., Shirahata, A., Enhancement of intestinal absorption of macromolecules by spermine in rats. Amino Acids, 33, 253-260 (2007).

人材育成の目標

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項