薬学研究科

薬科学専攻(後期)_薬物療法学講座

薬学研究科博士後期課程 薬科学専攻 食毒性分野

薬物療法学講座
Laboratory of Pharmacotherapy

職位

氏名

大学院担当科目

教授

(日比野 康英)

食毒性特論演習Ⅳ

准教授

須永 克佳

 

研究内容

疾病治療における医薬品と食事・食品(食品成分)ならびに栄養状態の相互作用を明らかにし、相互作用発現機序を解明するとともに安全で有効な薬物療法の確立を目指している。生活習慣病治療薬を用い、薬物の吸収・分布・代謝における変化を指標に食事・食品成分ならびに栄養状態との相互作用を検討し、安全で有効な薬物療法に必要な情報を発信する。これらを通して、薬学分野と食品・栄養分野の学際領域(Pharma-Nutrition分野)を幅広く発展させるとともに疾病の治療や予防、さらには健康維持に貢献できる極めて高度な知識と技能を修得した研究者を養成することを目標に、mechanism-based inhibition(MBI)を示す阻害様式に注目した薬物代謝酵素阻害活性のある食品のスクリーニングおよび薬物代謝酵素へ影響する食品について、in vivoの実験系にて薬物の体内動態に対する影響を検討する。さらに栄養状態と医薬品の相互作用について、組成変更試料にて低栄養状態あるいは栄養過多(肥満)状態のラットにおける各種薬物の薬効あるいは体内動態の変化および原因について検討する。

業績(主な業績3報)

1.Katsuyoshi Sunaga, Kenichi Ohkawa, Kenichi Nakamura, Atsuko Ohkubo, Sonoko Harada, Tadashi Tsuda Mechanism-Based Inhibition of Recombinant Human CYP3A4 by Tomato Juice Extract. Biol Pharm Bull., 35(3): 329-334 (2012)

2.Hiroshi Sakagami, Shoko Iwamoto, Tomohiko Matsuta, Kazue Satoh, Chiyoko Shimada, Taisei Kanamoto, Shigemi Terakubo, Hideki Nakashima, Yurika Morita, Atsuko Ohkubo, Tadashi Tsuda, Katsuyoshi Sunaga, Madoka Kitajima, Hiroshi Oizumi and Takaaki Oizumi Comparative Study of Biological Activity of Three Commercial Products of Sasa senanesis Rehder Leaf Extract. In Vivo, 26(2), 259-264 (2012).

3.Shoko Iwamoto, Katsuyoshi Sunaga, Sonoko Harada, Atsuko Ohkubo, Tadashi Tsuda, Effect of Foods on Antitumor Activity of Doxorubicin, Melphalan and Methotrexate. J. Jpn.Soc. Nutr. Food Sci., 64(4): 393-401 (2011)

人材育成の目標

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項