薬学研究科

薬学専攻_衛生化学講座

薬学研究科博士課程 薬学専攻 生体防御領域

衛生化学講座
Laboratory of Nutritional Toxicology and Applied Pharmacology

職位

氏名

大学院担当科目

教授

工藤 なをみ

生体防御特論、生体防御特論演習、衛生化学演習、レギュラトリーサイエンス特論

助手

川畑 公平

 

研究内容

食品成分や生体異物等から、ヒトを疾病状態に陥れる可能性のある因子(生体障害因子)を特定し、さらにその障害機構を解明し、障害発生を未然に封じ込める方法の確立を目指している。特に、脂質代謝異常(高脂血症・肥満・脂肪肝等)の発症機構の解析と、これらを修飾する生体異物や食品成分の探索を通じて、脂質代謝異常の発症の抑制を目指すことを研究目的としている。具体的な研究課題は、(1) 食品成分の偏った摂取による疾病誘発(食毒性)の機序の解析、(2) 脂質代謝異常(高脂血症・肥満・脂肪肝等)の発症機序の解析と食品成分、医薬品等による防御方法の開発、(3) 主にフッ素系界面活性剤の代謝・体内動態排泄促進法の開発、毒性の少ない代替物質の開発、である。

業績(主な業績3報)

1.Hirose, A., Yamazaki, T., Sakamoto, T., Sunaga, K., Tsuda, T., Mitsumoto, A., Kudo, N. and Kawashima, Y., Clofibric acid increases the formation of oleic acid in endoplasmic reticulum of the liver of rats. J. Pharmacol. Sci., 116:362-372 (2011).

2.Kudo, N., Yamazaki, T., Sakamoto, T., Sunaga, K., Tsuda, T., Mitsumoto, A. and Kawashima, Y., Effects of perfluorinated fatty acids with different carbon chain length on fatty acid profiles of hepatic lipids in mice. Biol. Pharm. Bull., 34:856-864 (2011).

3.Tamura, M., Shiba, S., Kudo, N. and Kawashima, Y., Pharmacokinetics of nateglinide enantiomers and their metabolites in Goto-Kakizaki rats, a model for Type 2 diabetes mellitus. Chirality, 22:92-98 (2010)

人材育成の目標

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項