薬学研究科

薬学専攻_医薬品化学講座

薬学研究科博士課程 薬学専攻 薬探索領域

医薬品化学講座
Laboratory of Organic and Medicinal Chemistry

職位

氏名

大学院担当科目

教授

坂本 武史

薬探索特論、薬探索特論演習、医薬品化学演習、博士論文研究

助手

玄 美燕

 


研究内容

医薬品をはじめとする生物活性物質の多くは有機化合物であり、それらは薬効発現に必要な化学構造(基本骨格と官能基)を備えている。医薬品化学は有機化学をベースとして、医薬品の化学構造と薬理作用の関係を明らかにする総合科学的な分野である。当研究室では、自らデザインした化合物を合成し、構造活性相関を解析することによって、生物活性を有する医薬品リード化合物の開発を目指している。また、これらの化合物を効果的に合成するための新規な有機反応の開発を行っている。

業績(主な業績3報)

1.Ohtaka, J., Sakamoto, T., Kikugawa, Y., A one-pot procedure for trifluoroacetylation of arylamines using trifluoroacetic acid as a trifluoroacetylating reagent, Tetrahedron Lett., 2009, 50, 1681-1683.

2.Tsukamoto, M., Murata, K., Sakamoto, T., Saito, S., Kikugawa, Y., Synthesis of nitrogen heterocycles from intramolecular cyclization of alkenyl N-acylaminophthalimides using phenyliodine(III) bis(trifluoroacetate) (PIFA). Heterocycles, 2008, 75, 1133-1149.

3.Sakamoto, T., Cullen, M. D., Hartman, T. L., Watson, K. M., Buckheit, R. W., Pannecouque, C., De. Clercq, E., Cushman, M., Synthesis and anti-HIV activity of new metabolically stable alkenyldiarylmethane non-nucleoside reverse transcriptase inhibitors Incorporating N-methoxy imidoyl halides and 1,2,4-oxadiazole systems. J. Med. Chem., 2007, 50, 3314-3321.

人材育成の目標

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項