薬学研究科

薬学専攻(博士課程・4年制)

医療薬学分野においてきわめて高度な専門性と
豊かな学識を有する人材の育成を目指します。


主に6年一貫の薬剤師養成課程を修了した上で、さらに豊かな学識を養い、高度に専門的な業務遂行に必要な研究能力を身に着けるために設置されました。近年の生命科学の急速な進歩に対応できるよう、生命科学の全体像を学び、豊かな素養を涵養し、薬学の学識を深化させ、スペシャリストとしての学識と専門性を養い、グローバルで高度な専門職業人を育成します。

3つの研究領域

薬探索領域

医薬品化学、生薬学、薬品物理化学、分析化学を基盤として、医薬品の探索、研究・開発に関わる基礎から応用の領域までを研究・教育の対象としています。ここで得られる情報を活用することによって、生活者の視点に立って安全性を保障できる医薬品の探索、研究・開発・情報提供を行うことができる能力の養成を目指しています。

医薬品化学講座

薬物と標的たんぱく質の分子間相互作用の解析および構造活性相関に関する研究

生薬学講座

創薬を指向する天然薬物に関する研究

薬品物理化学講座

薬物の上皮細胞層透過機構解析と分子センサーの研究ならびに薬物送達システムの開発

生体防御領域

街生化学、毒性学、分子免疫学、薬品作用学を基盤として、生体の恒常性を維持する生体防御機構の解明に関わる基礎から応用の領域までを研究・教育の対象としています。偏った食品成分摂取、化学物質(医薬品・毒物・化粧品など)への曝露等による健康障害の未然防止に関する研究・情報提供を行うことができる能力の養成を目指しています。

衛生化学講座

健康障害因子(遺伝子変異・摂食食品成分の偏り・薬毒物)による疾病誘発の機構解析と防御研究

毒性学講座

生体異物の毒性発現における体内動態および生体作用の解明と毒性軽滅法の開発

生化学講座

免疫調節活性を持つレクチンと糖鎖の分子間相互作用に関する研究

薬品作用学講座

生活習慣病における脳機能障害メカニズムの解明と予防・改善に関する研究

医療領域

臨床薬理学、病原微生物学、生体分析化学、生理学、薬剤作用解析学、医薬品安全性学、薬剤学、製剤学、病院薬剤学を基盤として、患者個々の疾病成因および適正な薬物治療の選択・評価・開発・情報提供を行うことができる能力の養成を目指しています。そのため、生物薬学、薬物治療学、薬剤・製剤学などの特論演習に加え、9種の演習が用意されています。

臨床薬理学講座

医薬品開発における薬物の有効性と安全性に関する薬理学的研究

病原微生物学講座

細菌感染防御のための表層抗原の応用と新規抗菌物質の検索研究

生体分析化学講座

新規生体成分の検出・同定ならびに該当する生体成分の分析法開発と生理的機能の解析研究

臨床病理学講座

主に癌に対する薬物療法の効果などに関連する新しいバイオマーカーの検索と確立に関する研究

薬剤作用解析学講座

薬剤作用を修飾する諸因子の解析および医薬情報のデータマイニング研究

医薬品安全性学講座

安全で有効な栄養・薬物治療を目的とした投与方法・治療管理システムに関する研究

薬剤学講座

薬物や生理活性物質の粘膜透過性制御を目的とした製剤および投与法開発に関する研究

製剤学講座

薬物送達システムの開発に関する研究

病院薬剤学講座

患者への安全かつ適正な薬剤投与システムの開発

人材養成の目標

薬学専攻は、下記いずれかの素養を身につけた高度な研究者・技術者の育成を目指します
1.安全性を考慮した医薬品の研究・情報提供ができる
2.生体障害因子から健康を衛るための研究・情報提供ができる
3.医薬関連情報からエビデンスを引き出すための研究・情報提供ができる

修了後に予想される進路

多くの企業、研究機関、病院等から有望な人材として期待されています。
●大学等の教員・研究者
●製薬会社における医薬品の開発・研究に携わる研究者・技術者
●化学会社における化学品の安全性に携わる研究者・技術者
●食品会社における機能性食品の開発・研究に携わる研究者・技術者
●保健・医療行政等でレギュラトリーサイエンスに携わる専門家
●病院等の医療機関で高度の医療業務または研究に携わる薬剤師
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活