薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_病態解析学研究室

教員

職位

教員名

主な担当科目


教授
     


 小林 順
        

医療栄養学概論,病態解析学A,病態解析学B,病態解析学演習,総合演習A・B,解剖生理学実験A,栄養学実験


准教授
 


 内田 博之
 

解剖生理学A,解剖生理学B,総合演習A・B,解剖生理学実験A,解剖生理学実験B,公衆栄養学実習


助教
 


 伊東 順太

 
スポーツ栄養学演習,病態解析学演習,医療栄養学英語B,総合演習A・B,解剖生理学実験A,調理学実習A,栄養教育論実習,食品衛生学実験

大学院生・学部配属生

大学院生

博士後期課程

0名

博士前期課程(修士課程)

1名

学部配属生

4年生

12名

早期配属生

3名


研究内容

 病態解析学講座では医学、栄養学および薬学の観点から、一酸化窒素(NO)の生理的意義や病態との関わりの実験的研究、地域医療の側面から疫学的研究を実施しています。
(1) 栄養成分による廃用性筋萎縮の改善効果を評価し、ロコモティブシンドロームの予防に役立てる研究
(2) 栄養成分による炎症性骨破壊の改善効果を評価し、リウマチや骨粗鬆症の予防に役立てる研究
(3) 栄養成分による筋疲労の軽減効果、運動負荷時の持続力亢進効果を運動生理学的に評価し、スポーツ栄養学に貢献する介入研究
(4) 健康問題の地域格差、性差の現状と将来を評価し、日本のヘルスサービスに対する提案に役立てる研究

学生への対応

 当研究室では、基礎研究から臨床研究および疫学研究までと幅広い分野で、科学的側面から見た人体の不思議さや面白さを学生諸君に伝え、また、礼儀を踏まえたうえで合宿生活のようなアットホームな研究室生活を過ごして欲しいと考えております。学生には基礎医学的知識と、臨床医学的な洞察力を持ち、なおかつ愛情を持って患者さんに接することのできる管理栄養士に是非ともなって欲しいと願っております。大学卒業後も、自分で情報を収集し、得られた情報からベストな行動を見出し、さらに自分の行った行動を評価できる人になって欲しいと思います。また、当研究室は学生中心型主義で運営していますので、将来活動的でモチベーションの高い社会人になれること間違いなしです。

業績(主な業績3報)

1) Kobayashi J, Ohtake K, and Uchida H. NO-Rich Diet for Lifestyle-Related Diseases. Nutrients. 17;7(6):4911-37, (2015) Review.

2) Sonoda K, Ohtake K, Uchida H, Ito J, Uchida M, Natsume H, Tamada H, Kobayashi J. Dietary nitrite supplementation attenuates cardiac remodeling in l-NAME-induced hypertensive rats. Nitric Oxide. 67:1-9. (2017)

3) Ito J, Uchida H, Machida N, Ohtake K, Saito Y, Kobayashi J., Inducible and neuronal nitric oxide synthases exert contrasting effects during rat intestinal recovery following fasting. Exp Biol Med (Maywood), 242(7):762-772 (2017)

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活