薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_生体防御学研究室

教員



職位

教員名

主な担当科目


教授
     


 日比野 康英
        

生化学A,生化学B,分子生物学,総合演習A・B,生化学実験,卒業研究

准教授

 神内 伸也

生化学B,細胞生理化学,栄養免疫学,総合演習A・B,生化学実験,食品衛生学実験,卒業研究

助手


 岩田 直洋
 

基礎分析化学実験,生化学実験,食品機能学実験,食品化学実験

大学院生

博士後期課程

0名

博士前期課程(修士課程)

6名


学部配属生

4年生

15名

早期配属生

3名


研究内容

 酸化ストレスが原因と考えられる種々の生活習慣病に対して、食品や医薬品を用いて効果的な予防法や治療法の確立を目指します。このために、薬学分野と食品・栄養分野の中間に位置して両者を融合させたPharma-Nutritionの考えを利用しています。
1.酸化ストレスを軽減して高血圧症を予防する食品・食品成分の探索と応用
2.酸化ストレスを軽減して脳卒中を予防する食品・食品成分の探索と応用
3.酸化ストレスを軽減して糖尿病を予防する食品・食品成分の探索と応用
4.生体内の免疫能に影響を与える食品・食品成分の探索と応用
5.生活習慣病の治療に利用される医薬品の効果と食品の予防効果の比較検討
6.食品・食品成分の負の側面をエピジェネティックな視点で解析

学生への対応

・薬学的視点を備えた栄養のスペシャリストである管理栄養士を養成します。
・学生個々の自主性を尊重し、実社会に適応できる人材の養成を目指します。
・教育・研究だけでなくスポーツなどを通して、コミュニケーション能力の向上を目指します。

<教員からの一言>:チャレンジする気持ちを持ち続けてください。チャレンジを通して経験したこと、身につけたことは人生の宝物となるはずです。

業績(主な業績3報)

1) Asano T., Matsuzaki H., Iwata N., Xuan M., Kamiuchi S., Hibino Y., Sakamoto T., Okazaki M., Protective effects of ferulic acid against chronic cerebral hypoperfusion-induced swallowing dysfunction in rats. International Journal of Molecular Sciences, 18(3), 550: 1-16, 2017.

2) Iwata N., Okazaki M., Iizula H., Hibino Y., Protection mechanism of exacerbation of neuronal damage after cerebral ischemia by a water-soluble extract from the culture medium of Ganoderma lucidum mycelia (MAK). New Food Industry 59(3), 15-30, 2017.

3) Xuan M., Iwata N., Okazaki M., Hibino Y., Neuroproteictive effects of a water-soluble extract from the culture mediums of Lentinus edodes and Ganoderma lucidum mycelia: Possible mechanism of the reduction of endoploasmic reticulum stress throught antioxidation. Noboru Motohashi (series editor): Occurrences, Structure, Biosynthesis, and Health Benefits Based on Their Evidences of Medicinal Phytochemicals in Vegetables and Fruits for Volume 7. Nova Science Publishers, NY, USA, 2017.


大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項