薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_薬物療法学研究室

教員

職位

教員名

主な担当科目

准教授

須永 克佳

栄養情報科学演習、医療栄養学概論演習、薬理学、診断放射化学、薬物食品作用学、総合演習I・II、解剖生理学実験I、解剖生理学実験II

助教

菊地 秀与

総合演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、生物有機化学、基礎分析化学実験、生化学実験、解剖生理学実験Ⅱ、食品機能学実験、卒業研究

大学院生・学部配属生

大学院生

博士後期課程

0名

博士前期課程(修士課程)

4名

学部配属生

4年生

12名

早期配属生

2名

研究内容

1.医薬品と食品の相互作用についての薬理学的検討
 2.医薬品副作用を軽減する食品についての薬理学的検討
 3.食用に使われている生薬の薬理作用およびそれらを含む漢方方剤の薬理作用
 4.てんかん痙攣を抑制する食品または食品成分の探索
 5.花粉の飛散調査および食生活と花粉症発症の疫学調査

学生への対応

日頃から学生と教員との対話を大切にして、双方の意思の疎通をはかりつつ勉学や研究をはじめ日常生活全般においてもきめ細かな対応を心がけます。また学生 の自主性を重んじて、自ら考え、何事にも積極的な行動を取れるようになることを目指します。オフィスアワー以外でも可能な限り対応しますので、気軽にドア を開けて下さい。

業績(主な業績3報)

1) Kagemasa Kajiwara, Katsuyoshi Sunaga, Tadashi Tsuda, Aiko Sugaya, Eiichi Sugaya, Minoru Kimura, Peony root extract upregulates transthyretin and phosphoglycerate mutase in mouse cobalt focus seizure., Biochem Biophys Res Commun. 371(3), 375-379 (2008)
 

2) Eiichi Sugaya , Jin W, Aiko Sugaya , Katsuyoshi Sunaga, Tadashi Tsuda, Inhibitory effects of peony root extract on the large conductance calcium-activated potassium current essential in production of bursting activity., Journal of Herbal Pharmacotherapy, 6(2), 65-77 (2006)
 

3) Katsuyoshi Sunaga, Eiichi Sugaya, Kagemasa Kajiwara, Tadashi Tsuda, Aiko Sugaya and Minoru Kimura, Molecular mechanism of preventive effect of peony root extract on neuron damage., Journal of Herbal Pharmacotherapy, 4(1), 9-20 (2004)

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項