薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_皮膚生理学研究室

教員

 

 職 位 

 教 員 名 

主な担当科目

教授

徳留 嘉寛

香粧品学、化粧品・医薬部外品学A、化粧品・香粧品学A、フレッシュマンセミナー(薬科学)B、生化学A、医薬品・食品・化粧品概論、卒業実験、薬科学実験、薬科学実習


大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

修士課程

12名


学部配属生

4年生

12名

早期配属生

2名


研究内容

  1. 角層内セラミド制御による新規保湿方法の提案と製剤化研究
  2. スフィンゴミエリン合成酵素の皮膚における役割
  3. 生理活性化合物の適用による線維芽細胞や表皮細胞、三次元培養皮膚の分子生物学的効果の解明
  4. ポリイオンコンプレックスを用いた新規化粧品製剤の提案
  5. 新規化合物を用いた色素細胞制御研究
  6. 皮膚の糖化が皮膚の構造に与える影響

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Madoka Kage, Yoshihiro Tokudome, Hyaluronan tetrasaccharide stimulates ceramide production through upregulated mRNA expression of ceramide synthesis-associated enzymes, Archives of Dermatological Research, 308, 95-101, 2016
 

2) Yurina Itaya, Yoshihiro Tokudome, Upregulation of gene expression levels of ceramide metabolic enzymes after application of sphingomyelin-based liposomes to a three-dimensional cultured human epidermis model, Biochemical and Biophysical Research Communications, 473, 114-117, 2016
 

3) Mami Yokota, Yoshihiro Tokudome, The effects of glycation on the composition, metabolism and barrier function of epidermal lipids, Skin Pharmacology and Physiology, 29, 231-242, 2016


大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項