薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_機能性食品科学研究室

教員

  職 位  

  教 員 名  

主な担当科目

教授

古旗 賢二

機能性食品科学A、機能性食品科学B、化学A、分析化学B、薬科学実験C、薬膳・機能性食品科学実習、薬科学実習B、卒業実験、レッシュマンセミナー(薬科学)A

助教

中谷 祥恵

基礎栄養学、薬膳・機能性食品科学実習、薬科学実習B、卒業実験


大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

修士課程

10名


学部配属生

4年生

11名

早期配属生

3名


研究内容

  1. ロコモーティブシンドロームに適応する機能性食品素材の安全性・有効性評価
  2. メタボリックシンドロームに適応する機能性食品素材の安全性・有効性評価
  3. 機能性食品素材の体性幹細胞機能調節作用
  4. 機能性を有する食用植物の開発
  5. 食品素材に含まれる新規機能性成分の探索
  6. トランススクリプトーム解析による食品の新規機能性の探索

学生への対応

機能性食品科学は、非常に多くの学問分野(食品学・栄養学・分析化学・分子生物学等)を基盤とした応用学問です。幅広い分野の基礎学力を身につけるための指導を行います。

業績(主な業績3報)

1) Hironobu Asai, Sachie Nakatani, Takuya Kato, Tatsuo Shimizu, Hiroshi Mano, Kenji Kobata, Masahiro Wada. Glucosamines attenuate bone loss due to menopause by regulating osteoclast function in ovariectomized mice. Biological Pharmaceutical Bulletin, 39 (6), 1035-1041, 2016.
 

2) Yuya Kumagai, Sachie Nakatani, Hideaki Onodera, Akifumi Nagatomo, Norihisa Nishida, Yoichi Matsuura, Kenji Kobata, and Masahiro Wada. Anti-glycation effects of pomegranate (Punica granatum L.) fruit extract and its components in vivo and in vitro. Journal of Agricultural and Food Chemistry, 63 (35), 7760-7764, 2015.
 

3)Sachie Nakatani, Kenji Kobata, Hiroto Nakajima, Yoshifumi Kimira, Hiroshi Mano, Fumihito Sugihara, Masahiro Wada. Transcriptome of ATDC5 cultured with glucosamine hydrochloride and collagen hydrolysate indicates a new candidate gene for the differentiation of chondrocytes. Journal of Chitin and Chitosan Science, 2 (3), 233-237, 2014.


大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項