薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_衛生化学研究室

教員

職位

教員名

主な担当科目

教授

工藤 なをみ

毒性学、公衆衛生学Ⅰ、医薬品・食品相互作用論、中毒学、生物系実習Ⅱ、薬学実習Ⅲ、総合薬学演習Ⅰ、総合薬学演習、選択実験Ⅱ、卒業実験

助 手

川畑 公平

 

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

修士課程

0名

学部配属生

4年生

13名

研究内容

  1. 生体異物の体内蓄積、排泄機構の解明
  2. 生体異物による毒性発現機構の解明
  3. 生体異物による毒性の軽減、防御方法の検討
  4. 生体異物による脂質代謝異常の誘発機構の解明

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Kudo, N., Sakai, A., Mitsumoto, A., Hibino, Y., Tsuda, T. and Kawashima, Y., Tissue distribution and subcellular distribution of peprfluorooctanoic acid at low dose are different from those at high dose in rats. Biol. Pharm. Bull., 30:1535-1540 (2007).

2) Katakura, M., Kudo, N., Tsuda, T., Hibino, Y., Mitsumoto A. and Kawashima, Y., Rat organic anion transporter 3 and organic anion transporting polypeptide 1 mediate perfluorooctanoic acid transport J. Health Science, 53:77-83 (2007).

3) Kudo, N., Iwase, Y., Okayachi, H., Yamakawa, Y. and Kawashima, Y., Induction of hepatic peroxisome proliferation by 8-2 telomer alcohol feeding in mice: Formation of perfluorooctanoic acid. Toxicol. Sci., 86:231-238 (2005).
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活