薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_医薬品安全性学研究室

教員

職位

教員名

主な担当科目

教授

金本 郁男

薬物治療学Ⅲ、臨床薬理学Ⅲ、薬物治療演習、薬学総合演習Ⅲ、薬学総合演習Ⅳ、学内実務演習実習、薬学総合実習・演習Ⅱ、薬学総合実習・演習Ⅲ

准教授

井上 裕

薬物治療学A、薬物治療学B、薬物治療演習、薬学総合演習Ⅲ、薬学総合演習Ⅳ、学内実務演習実習、薬学総合実習・演習Ⅱ、薬学総合実習・演習Ⅲ

助手

村田 勇

薬学実習C、薬学実習D、薬学実習F


大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

2名


学部配属生

6年生

16名

5年生

21名

4年生

21名

早期配属生

0名


研究内容

1.医療安全に根ざした医薬品の評価・医薬品情報の活用・新規製剤の開発
2.メタボリックシンドロームの予防を目的とした低Glycemic Index食の最適な摂取方法の検討
3.固体医薬品について、有効性および安全性の高い製剤を得るための基礎的研究 -特に製剤中の分子状態に注目した分子製剤学的研究
4.Crush syndromeの治療法に関する基礎的検討

学生への対応

「やさしい言葉は、心の薬」であることを胸に刻んで病の人と接することができる医療従事者、安全・安心をモットーに個々人に合わせた薬物治療を工夫することができる医療従事者となれるよう学生をサポートします。

業績(主な業績3報)

1) N. Kasuya, M. Okuyama, K. Yoshida, S. Sunabori, H. Suganuma, I. Murata, Y. Inoue, I. Kanamoto. Prior or Concomitant Drinking of Vegetable Juice with a Meal Attenuates Postprandial Blood Glucose Elevation in Healthy Young Adults, Food and Nutrition Sciences. 7, 797-806 (2016).
 
2) T. Ezawa, Y. Inoue, S. Tunvichien, R. Suzuki, I. Kanamoto. Changes in the Physicochemical Properties of Piperine/β-Cyclodextrin due to the Formation of Inclusion Complexes,International Journal of Medicinal Chemistry page1- 9,(2016).
 
3) I. Murata, M. Goto, M. Komiya, R. Motohashi, M. Hirata, Y. Inoue, I. Kanamoto. Early Therapeutic Intervention for Crush Syndrome: Characterization of Intramuscular Administration of Dexamethasone by Pharmacokinetic and Biochemical Parameters in Rats, Bio. Pharm. Bull., 39, 1424-1431 (2016).
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活