薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_生化学研究室

教員

職位

教員名

主な担当科目

教授

畑中 朋美

生化学A、生化学B、生物統計学演習A、生物薬剤学、薬学実習F

助教

武内 智春

免疫学、免疫学Ⅱ、生化学C(生化学演習)、薬学英語入門、情報科学、薬学総合演習Ⅳ、 薬学実習F

助手

田村真由美

薬学実習A、薬学実習E、薬学実習F


大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

1名


学部配属生

6年生

13名

5年生

19名

4年生

21名

早期配属生

3名


研究内容

  1. 皮膚内代謝を基盤としたシックハウス症候群発現リスク評価法の確立
  2. 遺伝子操作マウスを用いた円形脱毛症治療化合物の探索
  3. バルプロ酸投与時の胎児体内動態の解析と催奇形性回避法の確立
  4. ガレクチンや糖鎖の生理的役割の解析
  5. 糖鎖-リガンド相互作用の評価を目的とした新規解析技術の開発
  6. 生体適合性ナノ構造体の医療および化粧品製剤への応用展開

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Sugino M, Hatanaka T, Todo H, Mashimo Y, Suzuki T, Nagayama M, Hosoya O, Jinno H, Juni K, Sugibayashi K., Safety evaluation of topically exposed phthalates: metabolic rate dependent percuatneous absorption. Toxicol Appl Pharmacol. 2017; 328: 10-17.
2) Hatanaka T, Yamamoto S, Kamei M, Kadhum WR, Todo H, Sugibayashi K. In silico estimation of skin concentration of dermally metabolized chemicals: influence of enzyme distribution and plasma clearance. Int J Pharm Sci Dev Res. 2017; 3: 7-16.
3) Tamura M, Sasai A, Ozawa R, Saito M, Yamamoto K, Takeuchi T, Ohtake K, Tateno H, Hirabayashi J, Kobayashi J, Arata Y. Identification of the cysteine residue responsible for oxidative inactivation of mouse galectin-2. J Biochem. 2016; 160: 233-241.
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活