薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_生体分析化学研究室

教員

職位

教員名

主な担当科目

教授

古地 壯光

化学B演習、生化学演習、薬学実習D、卒業研究

助教

小林 正樹

 

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

学部配属生

6年生

19名

5年生

14名

4年生

16名

早期配属生

3名

研究内容

  1. ポリアミン類縁体の合成
  2. ポリアミン修飾化合物の探索・機能解析
  3. ポリアミン関連酵素活性測定系の開発
  4. ポリアミンの細胞増殖分化・細胞応答に及ぼす影響とその作用の探索
  5. D-アスパラギン酸の細胞内濃度調節機構の解明とその機能解析

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Kazuma Okada, Ryota Hidese, Wakao Fukuda, Masaru Niitsu, Koichi Takao, Yuhei Horai, Naoki Umezawa,Tsunehiko Higuchi, Tairo Oshima, Tadayuki Imanaka, Shinsuke Fujiwara, Identification of a novel aminopropyltransferase involved in the synthesis of branched-chain polyamines in hyperthermophiles, J. Bacteriol., 196, 1866-1876 (2014).

2) Masaru Niitsu, Koichi Takao, Yosuke Kato, Eimi Nagase, Takemitsu Furuchi, Koei Hamana, Occurrence of N1-methylputrescine, N1,N4-dimethylputrescine, N1-methylhomospermidine and N1,N9-dimethylhomospermidine in tomato root, Int. J. Plant Biol. Res., 2(4),1022 (2014).

3) Takemitsu Furuchi, Hiroe Okuda, Sachihiko Numajiri, Koei Hamana, Masaru Niitsu, Gas chromatography-mass spectrometry analysis of structural isomers of linear hexaamines found in thermophilic bacteria, Chromatography, 36, 25-28 (2015).
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活