薬学部
  • 坂戸キャンパス

薬学実習教育推進室

教員

職位

教員名

主な担当科目

助教

木村 哲

薬学実習F、薬学総合実習・演習Ⅱ、薬学総合実習・演習Ⅲ

助教

中山 光治

薬学実習A,、薬学実習B、薬学実習E

助手

山足 安子

薬学実習C、薬学実習D、放射化学実習

助手

中島 靖子

薬学実習A、薬学実習B、薬学実習E

助手

井澤 拓也

薬学実習A、薬学実習B、薬学実習E、薬学実習F

助手小島 裕薬学実習C

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

学部配属生

6年生

0名

5年生

0名

4年生

0名

早期配属生

0名


研究内容

木村 哲:①出席管理システムを利用した教育研究環境整備の多機能継続支援体制強化と管理者側負担軽減対策、②長期実務実習の効果的運用についての多角的考察
中山光治:TMSフランおよび関連化合物の合成と反応性に関する研究
山足安子:長期間環境中に存在している環境汚染物質の相互作用に関する研究
中島靖子:中赤外、近赤外、可視分光法を用いた気相トルエン濃度の測定法に関する研究
井澤拓也:荏胡麻油がマウスの脂質代謝におよぼす影響に関する研究
小島 裕:フェニルボロン酸導入グルコース応答性ゲルに関する研究

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) 出席管理システムOSの変更と維持整備;木村哲、白幡晶、城西情報科学研究 第24巻 第1号45~56頁 (2016年)
2) Iizuka Y., Kim H., Izawa T., Sakurai K., Hirako S., Wada M., Matsumoto A., Protective effects of fish oil and pioglitazone on pancreatic tissue in obese KK mice with type 2 diabetes. Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids. 115,53-59(2016).

3) Yu Kojima, Tomoyuki Okano, Tomohiro Seki, Misato Namiki, Yuya Egawa, Ryotaro Miki, Kazuhiko Juni, Toshinobu Seki, Polyol-responsive pseudopolyrotaxanes based on phenylboronic acid-modified polyethylene glycol and cyclodextrins, J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem., 87:295-303 (2017)


大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項