薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_薬品作用学

教員

職位

教員名

主な担当科目

教授

岡﨑 真理

生理学B、基礎薬理学、薬理学A、薬学実習E(薬理学系)、卒業実験

助手

松﨑 広和

薬学実習A(生物系)、薬学実習B(微生物学系)、薬学実習E(薬理学系)、卒業実験


大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

1名


学部配属生

6年生

12名

5年生 14名
4年生 15名
早期配属生 1名

研究内容

  1. モデル動物を用いた虚血性脳障害に対する薬物および食品・食品成分の保護効果に関する研究
  2. 情動に関与する脳内神経回路の解明と薬物および食品・食品成分の効果に関する研究
  3. 培養細胞を用いた薬物および食品・食品成分の神経細胞保護メカニズムに関する研究

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Asano T., Matsuzaki H., Iwata N., Xuan M., Kamiuchi S., Hibino Y., Sakamoto T., Okazaki M. Protective effects of ferulic acid against chronic cerebral hypoperfusion-induced swallowing dysfunction in rats. Int. J. Mol. Sci., 18(3), 550 (2017).

2) Kawabata K., Matsuzaki H., Nukui S., Okazaki M., Sakai A., Kawashima Y., Kudo N. Perfluorododecanoic acid induces cognitive deficit in adult rats. Toxicol. Sci., 157(2), 421-428 (2017).

3) Xuan M., Okazaki M., Iwata N., Asano S., Kamiuchi S., Matsuzaki H., Sakamoto T., Miyano Y., Iizuka H., Hibino Y. Chronic treatment with a water-soluble extract from the culture medium of Ganoderma lucidum mycelia (MAK) prevents apoptosis and necroptosis in hypoxia/ischemia-induced injury of type 2 diabetic mouse brain. Evid. Based Complement. Alternat. Med., 2015, 865986 (2015).


大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活