薬学部
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_薬剤作用解析学研究室(薬学科)

教員

職位

教員名

主な担当科目

教授

小林 大介

医薬品情報学、調剤処方学、調剤処方演習、導入講義・演習、学内実務演習実習、薬学総合実習演習Ⅱ・Ⅲ、統合演習、卒業研究

助教

大島 新司

薬学総合実習演習Ⅱ・Ⅲ、薬学実習Ⅳ、医薬品情報学、調剤処方学、製剤管理学、学内実務演習実習、卒業研究

助手

根岸 彰生

薬学実習Ⅲ、薬学実習Ⅳ、薬学実習Ⅵ、卒業研究

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

1名

学部配属生

6年生

18名

5年生

14名

4年生

18名

早期配属生

6名

研究内容

1.うつ病モデル動物の脳内メタボローム解析
2.漢方製剤投与による薬物の脳中移行抑制の研究
3.フェニトインの薬効に及ぼす炎症の影響に関する研究
4.薬剤師の職能の歴史的変遷と職業アイデンティティに関する研究
5.副作用自発報告データベースを用いた副作用発現シグナルの解析
6.インターネットリサーチの母集団評価法の検討

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Kousuke Ohara, Shinji Oshima, Nanami Fukuda, Yumiko Ochiai, Ayumi Maruyama, Aki Kanamuro, Akio Negishi, Seiichi Honma, Shigeru Ohshima, Masayuki Akimoto, Shingo Takenaka, and Daisuke Kobayashi, The inhibitory effect of kakkonto, Japanese traditional (Kampo) medicine, on brain penetration of oseltamivir carboxylate in mice with reduced blood-brain barrier function, Evid. Based Complement. Alternat. Med., (2015)
 

2) Daisuke Kobayashi, Shigeru Hosaka, Emiko Inoue, Kimie Ohshima, Nobuaki Kutsuma, Shinji Oshima, and Yasushi Okuno, Quantitative evaluation of symptoms as predictors to detect adverse drug reactions using Bayes' theory: Expansion and evaluation of drug-adverse drug reaction-initial symptom combinations using Adverse Event Reporting System database, Biol. Pharm. Bull., 36(12), 1891-1901 (2013)
 

3) Tsuyoshi Ebihara, Shinji Oshima, Mitsuyoshi Okita, Sayumi Shiina, Akio Negishi, Kosuke Ohara, Shigeru Oshima, Hiroyuki Iwasaki, Akira Yoneyama, Eiji Kitazumi, Daisuke Kobayashi, Absorption kinetics of subcutaneously administered ceftazidime in hypoperfused guinea pigs, Curr. Ther. Res., 77, 7-13 (2014)

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項
学習支援・学生生活