理学部
    数学科
  • 坂戸キャンパス
  • 東京紀尾井町キャンパス

  • 化学科
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介 合成有機化学研究室

教員秋田 素子(教授) 博士(理学)
略歴 1994年 お茶の水女子大学理学部卒
1999年 東京大学大学院理学系研究科修了
分子科学研究所博士研究員、九州大学有機化学基礎研究センター博士研究員、分子科学研究所助手、広島大学大学院理学研究科助手、大阪電気通信大学工学部准教授を経て、2012年4月より現職
担当科目外国書購読I、基礎有機化学、無機分析化学実験、機能有機化学、合成化学特論
専門分野構造有機化学、超分子化学、物性化学
所属学会日本化学会、有機結晶部会、有機π電子学会、基礎有機化学会、分子科学会
院生 2名
4年生 6名
居室1号館 217号室(秋田)、212号室(実験室)、209号室(実験室)、210号室(院生)

 

研究内容

磁性、電導性、クロミズムなどの物性開発を目指して、安定ラジカル種、電子受容体、電子供与体などを含む新しいパイ共役系化合物及びその遷移金属錯体の合成と、それらの機能・物性の解析を行う。固体物性が関わるので、結晶設計や固体を反応場とする物質変換も研究対象とする。

昨年度の卒業研究題目

  1. チオフェン環を有する新規ビスフェナントロイミダゾールの合成とその発光挙動
  2. 2-アリールフェナントロイミダゾール類の合成・構造と発光特性
  3. アセナフトイミダゾール類縁体の合成と性質
  4. 太陽電池の光増感材を指向した有機無機複合ペロブスカイトの合成と薄膜作製
  5. 赤色蛍光を示すアセナフトイミダゾール類縁体の発光特性と結晶構造
  6. フェナントロイミダゾール置換ベンゼン類のハロフルオロクロミズム

最近の研究業績

  1. Crystal Structure of 2-(p-anilinophenyl)-2-phenylindan-1,3-dion and Its Unextected Formation
    M. Akita, Y. Kimura, and K. Kobayashi, X-ray Struc. Anal. Online, 2015, 31, 13-14.
  2. Crystal Structure of 3,3’-Ethanediylidenebis(1-ethylindoline-2-on): An Unexpected Byproduct in N-Ethylation of Isatin In Tetrahydrofurane
    M. Akita, M. Kasono, and K. Kobayashi, X-ray Struc. Anal. Online, 2015, 31, 11-12.
  3. Polymorphs Related by an Enantiotropic Phase Transition but Having Only Order-Disorder- Level Conformational Differences in a Spiro-Conjugated Imidazoline Ring Compound
    M. Suzuki, Y. Maeda, M. Akita, H. Teramae, and K. Kobayashi, Crystal Growth & Design , 2014, 14, 6302-6310.
  4. Intermolecular [2π+2π]- photocyclization and conformational preference of 5-(2-benzo[b]thienyl)-5-ethoxy-5H-dibenzo[a,d]cycloheptene
    M. Akita, S. Mohri, M. Takahashi, and K. Kobayashi, Heterocycles, 2013, 87(6), 1319-1326.
  5. Multimelting Behavior and Glass Transition of Monotropic Polymorphs of 3,5-Diphenyl-4-hydroxyphenyl-substituted Galvinol
    M. Takahashi, H. Ogino, and K. Kobayashi, Chem. Lett., 43, 187-189 (2014).
  6. Bent CNN bond of diazo compounds, RR’(C=N+=N-)
    M. Akita, M. Takahashi, K. Kobayashi, N. Hayashi, H. Tukada, J. Mol. Struct., 1034, 346-353 (2013).
  7. Novel Rearrangements in the Reactions Directed Toward Preparation of Spiro-N,N-ketals: Reactions of Naphthalene-1,8-diamine with Ninhydrin and Isatin
    M. Akita, H. Seto, R. Aoyama, J. Kimura, and K. Kobayashi, Molecules, 17, 13879-13890 (2012).
  8. Synthesis, Crystal Structures, and Properties of Molecular Squares Displaying Hydrogen and π - πBonded Networks
    K. Kumagai, M. Akita, S. Kawata, K. Inoue, C. Kepert, and M. Kurmoo, Crystal Growth & Design,2009, 9, 2734-2741.
  9. Crystallographic chirality of CsCuCl3 probed by resonant circularly-polarized hard X-ray diffraction
    Y. Kousaka, H. Ohsumi, T. Komesu, T. Arima, M. Takata, S. Sakai, M. Akita, K. Inoue, T. Yokobori, Y. Nakano, E. Kaya, and J. Akimitsu, J. Phys. Soc. Jpn., 2009, 78, 123601/1-123601/4.
  10. Magnetocrystalline anisotropy and crystal fields in the weak-ferromagnet Ce4Ni3Pb4
    K. Shigetoh, T. Onimaru, A. Ishida, M. Akita, K. Inoue, M. Nishi, Masakazu, T. J. Sato, D. T. Adroja, T. Takabatake, J. Phys. Soc. Jpn., 2009, 78, 024701/1-024701/5.

主な学会発表

オリジナルサイト

合成有機化学研究室
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項