理学部
    数学科
  • 坂戸キャンパス
  • 東京紀尾井町キャンパス

  • 化学科
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介 ヘテロ原子有機化学研究室

教員山本 達夫(講師) 理学博士
略歴 1974年城西大学理学部卒、同年4月城西大学理学部化学科助手となり1990年同講師
担当科目(学部)化学基礎ゼミナールⅡ、エネルギー科学、有機化学ⅡB、有機化学実験
専門分野有機化学
所属学会日本化学会、IUPAC
4年生 5名
居室1号館202号室(山本、4年生)

 

研究内容

C=S二重結合を含むヘテロ原子化合物の合成、性質、反応を研究している。特にC=S二重結合のcycloadition、転位反応、ヘテロ環組み換え反応(trensfragment reaction)等を主に研究している。

昨年度の卒業研究題目

  1. チオアルデヒドW(CO)5錯体とフェニルジアゾメタンの反応条件の再検討
  2. 3-アミノチオシンナムアルデヒド類とベンゾニトリルオキサイドとの反応
  3. 2-メチルチオ-1,3-チアジン-6-チオン類とベンゾニトリルオキサイドとの反応
  4. 2-メチルチオチアゾリジン-5-チオン類とベンゾニトリルオキサイド類との反応
  5. チオアルデヒドW(CO)5錯体とジアゾメタンの反応条件の再検討

最近の研究業績

  1. M. Muraoka, T. Yamamoto, S. Ajimi, H. Yamaguchi, T. Koinuma, "Synthesis of Aromatic and Heteroaromatic Thioaldehydes, Aryl-thioenals, and -thiodienals as their η1 Complexes with Pentacarbonyltungsten(0) by the Reaction of Aldimines and a new reagent, [PPh4][W(CO)5SH]" J. Chem. Soc. Perkin Trans. 1, 1994, 667-671.
  2. M. Muraoka, T. Yamamoto, "Synthesis of Methyl Dithioanthranylate and formation of Dihydro-3,1(4H)-ben zooxazine-4-thiones and -benzo-thiazine-4-thiones" 22nd International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur
  3. Novel Synthesis of 1,2-Dihydro-4H-3,1-benzoxazine-4-thiones by the Reaction of Newsynthesized Methyl Dithioanthranilate Hydrobromide with Carbonyl Compounds and the Synthesis of Another New Class of 1,2-Dihydro-4H-3,1-benzothiazine-4-thiones from the Same Reactants in the Presence of Excess Sodium Hydrogensulfide Heterocycles, 91, No12, 2327-2342, (2015)
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項