理学部
    数学科
  • 坂戸キャンパス
  • 東京紀尾井町キャンパス

  • 化学科
  • 坂戸キャンパス

2校地(坂戸キャンパスと東京紀尾井町キャンパス)制について

城西大学数学科は、東京紀尾井町キャンパス3号棟の完成を機に、2013年度入学生から、「坂戸キャンパス」と東京都千代田区の「東京紀尾井町キャンパス」の2キャンパスで教育を展開しています。
坂戸キャンパスでは純粋数学に力点をおき、東京紀尾井町キャンパスでは応用数学に力点をおいた教育を実施します。 入学時にいずれかのキャンパスを選択するいわゆるキャンパス選択制です。坂戸キャンパス、東京紀尾井町キャンパスとも定員は60名で、数学科全体の定員は120名となります。

2校地制の紹介

坂戸キャンパスへのアクセスはこちらから→
東京紀尾井町キャンパスへのアクセスはこちらから→

純粋数学と応用数学(各キャンパスの特徴)

純粋数学と応用数学は、本来は同じものなのかも知れませんが、分けて扱うのには理由があります.ここでいう純粋という意味は、理論的あるいは抽象的という意味です。
純粋数学は大きく分けると代数、幾何、解析からなります。高校の数学で言えば、2次方程式の解を求めるのは代数、図形の性質を調べるのは幾何、微分や積分は解析です。
一方、応用数学は数学を現実の問題に適用することを目指します。例えば、解析学を用いて自然現象や社会事象の数理モデルを数学的に研究します。研究ではコンピュータを駆使することもあります。
坂戸キャンパス、東京紀尾井町キャンパスどちらにおいても、1、2年次は代数、幾何、解析の必修科目を学びます。また、コンピュータの利用方法も身につけます。
高学年になると各キャンパスの特徴が現れた講義が始まります。さらに、4年次の数学セミナーでは少人数で教員から専門的な指導をうけます。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項