大学案内 About

全学動物実験管理委員会
Institutional Animal Care and Use Committee of Josai University

医学、生命科学の教育、研究ならびに試験に際して動物実験は必要不可欠です。しかしながら、動物実験を実施する場合は、科学的合理性に基づくとともに、動物の愛護に配慮してどのような方法で動物実験を行い、成果を得るかについて考えながら実施する必要があります。

そこで、城西大学では、文部科学省と厚生労働省等が策定した動物実験等の実施に関する基本指針等(「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」平成18年6月1日文部科学省告示、「厚生労働省における動物実験 等の実施に関する基本方針」平成18年6月1日厚生労働省通知)を基に、科学的観点、動物愛護の観点及び環境保全の観点並びに動物実験等を行う教職員・学生等の安全確保の観点から、動物実験等の実施方法等を定めた「城西大学動物実験規程」(以下「規程」という)を作成しました。

このページは、本学の規程により設置された全学動物実験管理委員会、動物実験管理委員会、動物実験広報委員会、動物実験管理自己点検評価委員会及び動物実験委員会の活動および城西大学における動物実験の実施について公開するためのものです。


組織図

城西大学における動物実験組織図 201810

「全学動物実験管理委員会」関連委員会委員名簿
  氏名所属専門分野区分
 全学動物実験管理委員会委員長従二和彦副学長物理系薬学 医療系薬学
副委員長見附 孝一郎理学部化学科物理化学 機能物性化学
委員真野博薬学部
医療栄養学科
応用健康科学 食品科学 形態系基礎歯科学
動物実験委員会委員長木村光利薬学部薬学科薬理学
副委員長小林順薬学部
医療栄養学科
小児科学 循環器病学
委員北川浩子理学部化学科分子生物学
委員清水純薬学部
医療栄養学科
食品科学
委員茂木肇薬学部薬学科薬理学
委員鈴木研太《学外者》神経科学・公衆衛生学
委員須長陽子《学外者》 
動物実験管理委員会委員長須永克佳薬学部
医療栄養学科
薬理学一般
副委員長河合洋薬学部薬学科衛生薬学 時間生物学
委員岡﨑真理薬学部薬学科神経化学 神経薬理学 薬理学一般 補完代替医療学
委員田中享薬学部薬科学科生物系薬学 薬理学一般
委員森田勇人理学部化学科生体分子機能構造化学
委員大島新司薬学部薬学科医療系薬学
委員菊地秀与薬学部
医療栄養学科
食生活学 食品科学 解剖学一般(含組織学・発生学) 生物系薬学
委員岩田直洋薬学部
医療栄養学科
生化学
委員望月忍《学外者》 
動物実験広報委員会委員長上田秀雄薬学部薬学科物理系薬学 医療系薬学
副委員長片倉賢紀薬学部薬科学科食生活学 環境生理学
委員工藤なをみ薬学部薬学科環境・衛生系薬学
放射線・化学物質影響科学
委員伊東順太薬学部
医療栄養学科
スポーツ栄養学 解剖生理学 骨代謝学
委員佐野香織理学部化学科分子生物学 進化生物学
動物実験管理自己評価委員会 委員長和田政裕薬学部
医療栄養学科
生命・健康・医療情報学
応用健康科学 食品科学
副委員長一色恭徳薬学部薬学科細菌学(含真菌学)
委員石黒直哉理学部化学科分子進化学 環境保全学
委員内田昌希薬学部薬学科製剤学
委員五十嵐庸薬学部薬学科食品化学、機能性食品学
委員中谷祥恵薬学部薬科学科食品科学
*区分    ①動物実験等に関して優れた識見を有する者    
       ②実験動物に関して優れた識見を有する者    
       ③その他学識経験を有する者   
任期 2022年4月1日~2024年3月31日
城西大学動物実験規程・動物実験ハンドブック等
■ 城西大学動物実験規程(平成31年4月1日一部改正)

■ 動物実験ハンドブック
 ⅰ 城西大学動物実験規程
 ⅱ 城西大学における動物実験の適正な実施に向けたガイドライン
 ⅲ 実験動物施設利用の手引
 ⅳ 実験動物の感染症-その影響と対策-
 ⅴ 城西大学 実験動物逸走防止及び逸走時の対応マニュアル
 ⅵ 緊急時の対応マニュアル
 ※動物実験ハンドブックは、Teams「2022年度 動物実験に関する教育訓練」に掲載されています。

■ 城西大学実験系廃棄物取扱の手引き
 ※動物実験で生じた廃棄物等の処理はこちらをご確認ください。
  なお、学内ネットワークのみ接続可能です。
 
計画書・届出書等(学内専用)
活動
実験センター事務室
〒350-0295 埼玉県坂戸市けやき台1-1
jikken@stf.josai.ac.jp
049-271-7735
049-287-4009
TOPへ
検索