資料請求

城西大学・城西短期大学
入学試験場の衛生管理体制

文部科学省が示す「令和4年度大学入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドライン」を踏まえ、受験生に安心して受験できる場を提供できるよう、本学では、以下のとおり試験場の衛生管理体制を構築します。

1. 入学試験場の衛生管理体制
    (1)事前の準備
   ① 試験室の座席間の距離の確保
     あらかじめ感染拡大の防止策を講じたうえで、座席の配置は、なるべく1メートル程度の間隔 
     を確保します。

   ② マスク、速乾性アルコール製剤の準備
     試験場内におけるマスクの着用を義務付けることとします。また、試験場入口や試験室ごとに
     速乾性アルコール製剤を配置します。

   ③ 試験監督者等の体調管理等
           当日試験業務に携わる試験監督者等については、試験前7日程度を目安に、朝などに体温測定
           を行うことを要請し、体調不良などを訴える者がいた場合に備え、代替の試験監督者等を確保
           し、自宅待機や医療機関の受診など、大学の労務管理上、適切な対応をとります。
     ④ 
医師、看護師等の配置
            発熱・咳等の症状のある受験生が受験する場合に備えて、医師、看護師等を配置します。
       ⑤ 別室の確保
           発熱・咳等の体調不良者のための別室を設け、別室においては、基本的に概ね2メートル以上
           の間隔での座席配置を行います。

       ⑥ 試験室の机、椅子の消毒
           試験前日に消毒用アルコールを使用した拭き取りを行います。
       ⑦ 面接試験の実施
           面接試験は対面での実施となります。
           受験生同士及び評価者との距離は2メートル以上を確保する等、飛沫感染防止策を徹底すると
           ともに、常時ドアや窓の開放等により開放も徹底しま
す。
           なお、受験者と評価者との間にアクリル板を設置します。
       ⑧ トイレの使用
           トイレ入口において、混雑を避けた利用、利用後の手洗いなどを促す案内紙を掲示するととも
           に、トイレ内の換気にも注意を払います。

       ⑨ 保護者控室の設置
       試験場への入場者数や集団の形成を極力抑制する観点から、保護者控室については原則設置し
           ないこととします。

     ⑩ 試験監督者等の感染症対策
    「三つの密」の回避や、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指
           衛生」をはじめとした基本的な感染症対策の継続など、感染拡大を予防する「新しい生活様
           式」を実践することや感染リスクが高
まる「5つの場面」(飲食を伴う懇親会等、大人数や長
           時間に及ぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わりといった
           場面)を回避するなどの感染症対策をとっています。
    (2)
試験当日の対応
     ​​​​​​① マスク着用の義務付け
      受験生及び本学教職員には、発熱・咳等の症状の有無にかかわらず、試験場内では、昼食時
           を除き、マスクの着用(鼻と口の両方を確実に覆うこと)を義務付けます。また、未所持者に
           はマスクの提供を行います。

           休憩時間や昼食時等の入退室の際に他者との接触、会話を極力控えるよう要請するとともに掲
           示物等による注意喚起を行います。

           なお、何らかの事情によりマスクの着用が困難な受験生は別室において受験してもらいます。
           ※発熱・咳等の症状のある者や無症状の濃厚接触者とは同室にはしません。
         (参考)正しいマスクの付け方(厚生労働省HPより)
    https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf

    https://www.youtube.com/watch?v=VdyKX4eYba4

      ② 試験室ごとの手指消毒の実施
            受験生及び本学教職員には、試験室への入退出を行うごとに、速乾性アルコール製剤による手
           指消毒を義務付けます。

        ③ 発熱・咳等の症状のある受験生への対応
            試験開始前に発熱・咳等の症状の有無を確認し、本人の申出により、発熱・咳等の症状のあ
            る受験生がいた場合には、医務室で対応し、別室での受験
を提示します。
        ④ 体調不良を訴えた試験監督者等への対応
             当日試験業務に携わる試験監督者等に体調不良などを訴える者がいた場合には、代替の試験
            監督者等と交代し、自宅待機や医療機関の受診など、大
学の労務管理上、適切な対応をとり
            ます。

        ⑤ 換気の実施
            試験室の窓は可能な限り長く開放します。
        ⑥ 昼食時の対応
           昼食時の受験生同士の会話、交流、接触を最大限に抑制する観点から、学生食堂の開放は行いま
             せん。
自席での食事を要請します。
        ⑦ 試験終了時の周知
            退出の際は、試験監督者等の指示に従うとともに、各自寄り道などはせず、なるべくまっす
            ぐ帰宅するよう呼びかけ、帰宅後はまず手を洗うことにつ
いて受験生への周知を行います。
     (3)試験終了後
        ① 試験監督者等の健康観察
            当日試験業務に携わった試験監督者等については、毎朝、体温測定や体調の観察を行うこと
            を要請し、体調不良などを訴える者がいた場合には、自
宅待機や医療機関の受診など、大学
            の労務管理上、適切な対応をとります。

        ② 試験室の机、椅子の消毒
            試験日程が連続し、座席利用者が異なるような場合には、当日の試験終了後、消毒用アルコ
            ールを使用した拭き取りを行います。
2.  受験生に対する要請事項
     試験場における感染拡大を防止し、受験生自身が安心して受験できる環境を確保していくために
    も、あらかじめ受験生に以下のとおり要請します。
     ① 感染防止のための注意事項
             日頃から感染防止について心がけるとともに、朝などに体温測定を行い、体調の変化の有無
             を確認すること。

          (参考)受験生のみなさんへ ~新型コロナウイルス感染防止のための注意
                      事項~ (文部科学省・厚生労働省HP)
                      https://www.mext.go.jp/content/20201218-mext_daigakuc02-000005144_1.pdf
   ② 
医療機関での受診
     試験日の2週間程度前から発熱・咳等の症状がある受験生はあらかじめ医療機関での受診を
     行うこと。
   ③ 受験できない者
     新型コロナウイルス感染症に罹患し、試験日に入院中又は自宅や宿泊施設において療養中の
     者は受験できません。

     また、海外から日本に入国して受験する場合、受験生は防疫対策として要請される事項に基
     づき行動することから、入国後の待機期間中は受験
できません。
   ④ 試験当日における対応
     発熱・咳等の症状のある受験生は、試験当日の検温で、37.5度以上の熱がある場合は受
     験を取り止め、入試課に連絡すること。

     また、37.5度までの熱はないものの、発熱や咳等の症状のある受験生は、その旨入試課
     に連絡すること。

     症状の有無にかかわらず、各自マスクを持参し、試験場では、昼食時以外は常に着用するこ
     と。休憩時間や昼食時、入退場時等における他者と
の接触、会話を極力控えること。(何ら
     かの事情によりマスクの着用が
困難な場合は、あらかじめ入試課に相談すること。)
   ⑤ 試験当日の服装、昼食
     試験当日、試験室の換気のため窓の開放等を行う時間帯があるため、上着など暖かい服装を
     持参すること。また、試験場で食堂の営業等は行わない
ため、昼食を持参し、あらかじめ指
     示された時間内に自席で食事をとるこ
と。また、食事を取り終えた後は、速やかにマスクを
     着用すること。

   ⑥ 予防接種
             他の疾患の罹患等のリスクを減らすため、各自の判断において予防接種を受けておくことが
             望ましい。

         ⑦「新しい生活様式」等の実践
             日頃から、「三つの密」の回避や、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗
             いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染症対策
の徹底を行うとともに、バランスの
             とれた食事、適度な運動、休養、睡眠
など、体調管理に心がけること。
入試に関するお問い合わせ
坂戸キャンパス 入試課
受付時間:平日9:00~11:30、12:30~17:00
(日曜日、祝・祭日、夏・冬期休業、年末・年始除く)
TOPへ