薬学研究科


2019年度 大学院薬学研究科
薬科学専攻・医療栄養学専攻(博士前期課程)
学生募集要項(外国人留学生海外特別選考)

1.募集人員

専 攻募集人員
薬科学専攻若干名
医療栄養学専攻若干名

2.募集研究分野

1)薬科学専攻

間に挟むテキストブロック内の表には横幅を入れないでください。
分野研究室名指導教員研  究  内  容
基礎薬学生薬学杉田義昭創薬を指向する天然薬物に関する研究
生物有機化学杉田義昭天然有機化合物をシードとした誘導体合成及び生物活性における構造活性相関に関する研究
香粧品機能薬粧品動態制御学 未病と健康に寄与する医薬品・化粧品の機能評価と送達システムに関する研究
皮膚生理学徳留嘉寛皮膚疾患の解析や化粧品開発のための、皮膚の脂質と構造に関する研究
食品栄養機能機能性食品科学古旗賢二機能性成分の生体機能に与える影響と機能性食品の安全性・効能評価に関する研究
栄養生理学古旗賢二脂質の栄養生理学的役割の解明と生活習慣病や加齢に伴う疾患の予防・治療効果の組織学的解析
医薬政策管理医薬政策管理学金本郁男
于洋
細谷治
真殿仁美
質の高い医療、福祉、在宅・介護および健康サービスを提供するための効率的かつ戦略的な医薬政策管理運営手段について研究

2)医療栄養学専攻

間に挟むテキストブロック内の表には横幅を入れないでください。
分野研究室名指導教員研  究  内  容
医療栄養臨床栄養学小林  順生活習慣病に対する各種栄養素の影響
メタボリック症候群の効果的な栄養治療の確立
病態解析学小林  順食品と各種病態との相互作用
食品成分による蛋白質糖化への影響
有機薬化学山ノ井  孝糖鎖の生命現象解明のためのプローブや、創薬につながる機能性糖鎖誘導体の設計・合成及び生物評価
薬物療法学日比野 康英食品と医薬品の相互作用
栄養状態と医薬品の相互作用
栄養教育学和田政裕個人ならびにその環境を考慮したテーラーメイドの栄養教育方法に関する研究
食毒性食品機能学真野  博食品・食品成分の生体機能修飾作用の解明と評価
疾病予防、治療補助効果を有する食品の設計と評価
生体防御学日比野 康英食毒性を原因とする身体の酸化ストレス度評価
食毒性回避のための食品と医薬品の評価
予防栄養学日比野 康英一次予防のための栄養教育手法の開発
哺育中の母親の食生活と母乳成分に関する研究
分子栄養学和田政裕脂質代謝・骨代謝に及ぼす多価不飽和脂肪酸・フラボノイドの作用の分子機構
食毒性学和田政裕治療補助効果のある食事設計構築と、機能性食品開発その医薬品との相互作用における食毒性的評価研究
栄養政策管理栄養政策管理学堀由美子
庭田文近
内田博之
質の高い医療、福祉、在宅・介護および健康サービスを提供するための効率的かつ戦略的な栄養政策管理運営手段について研究

※の研究室は募集しない。

3.出願資格

研究室には受入人数に制限がありますので、出願前にお問い合わせください。
外国人であって、次のいずれかに該当する者。
(1)外国において学校教育における16年間の課程を修了した者、または2019年3月修了見込みの者
(2)その他本研究科において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者

身体にある種の疾病、障がい、アレルギー等により、入学試験を受ける際、または修学上特別の配慮を必要とする方は、本学の学習内容(実験・実習含む)や支援体制、施設設備などで対応することが可能か事前に協議するため、入学検定料を払い込む前に入試課にご相談ください。

4.出願期間・試験日

出願期間選考日
2018年10月15日(月)~10月26日(金)2018年11月9日(金)

5.願書提出先

(1)場所 : 〒350-0295 埼玉県坂戸市けやき台1-1 城西大学 入試課
(2)時間 : 9:30~11:00 13:00~15:00(ただし日曜、祝日は除く)
        ※郵送による受付はいたしません。

6.出願手続および出願書類

(1) 出願手続方法
① 日本に在住する国内支援者を通して出願すること。
※国内支援者が留学生の場合は次年度以降の在学期間が1年以上であることを条件とする。
② 国内支援者が推薦できる志願者数は原則として1名です。
※国内支援者は受験生が入学するに際し、本人に関わる入国後の諸手続き、住居等の生活上の世話は勿論のこと、在学中の本人の生活につきましても責任をもって指導監督すること。
③ 提出書類中に虚偽の記載または申告などの事実があった場合は、不合格となります。

(2) 出願書類<受験生本人および留学経費負担に関する書類>
<受験生本人に関する書類>
① 入学志願票<3㎝×3㎝の写真貼付>(本学所定の用紙)
② 外国人留学生調査用紙(本学所定の用紙)
③ 最終出身校(母国)の卒業証書(原本)と卒業証書の公証書または、最終出身校(母国)の 卒業見込証明書
※学歴公証書は不可
 学歴報告書(教育部学歴認定書中心が発行する)の提出が望ましい。
④ 最終出身校(母国)の学業成績証書(原本)
 ※成績証書の公証書は不可
⑤ 日本語学習歴証明書または英語学習歴証明書
⑥ 日本語能力試験・日本留学試験の認定書もしくは成績証明書または、英語能力を証明する書類
⑦ 戸口簿(コピー)*中華人民共和国からの受験生のみ
⑧ 母国における本人の在職証明書(母国で現在、在職している者)
⑨ 健康診断書(本学所定の用紙)
⑩ 留学の目的
※留学生本人記載の母国語のものに「日本語訳文」を添付すること。
⑪入管申請用写真5枚(4㎝×3㎝)
※写真の裏に受験生の名前を記入のこと。
⑫パスポートのコピー
⑬入学検定料
35,000円 郵便払込(国内支援者を通して払い込むこと)
本学指定の払込用紙で郵便局に払い込み、受付印を確認のうえ、「振替払込受付証明書」を必ず志願票の所定欄に貼付すること。(現金・為替等での払い込みは受け付けない)
⑭推薦書
本大学院薬学研究科の志望する指導教員(講座主任)の作成したもの。

<備考>
1)志願票に志望する専攻名を記入すること。
2)専攻名および講座名のうちから第1・第2・第3志望まで選んで志願票に記入すること(第2志望以下のない者は「なし」と記入すること)。
3)出願する際には、志望する指導教員(講座主任)と予め協議して推薦を受けること。

<留学経費の負担に関する書類(誰が経費を負担するかに従って準備すること)>

-留学経費を留学生本人が支弁する場合(自己支弁)-
①留学生本人の収入証明書(所得証明・株配当証明書等)
※過去3年間の収入に関する資料(年ごとに)
②預金残高証明書
※その時点での預金残高を明らかにする資料のみでなく、当該預金の入出金の経緯が明ら かになるものを併せて提出願います。
③預金通帳全頁写し

-留学経費が母国より送金される場合-
①留学経費支弁書
※日本語訳を提出すること。
②支弁者(父母等)の在職証明書または法人登記簿
※在職証明書は、会社名、発行者の肩書きおよび氏名、並びに所在地・電話番号およびFAX番号が記載されているものに限る。
③支弁者の収入に関する資料(納税証明書または、所得証明・株配当証明書等)
※過去3年間の収入に関する資料(年ごとに)
④支弁者の預金通帳全頁写し等経費として支弁するための資金を形成するに至った経緯を明らかにする資料
⑤支弁者の預金残高証明書
※その時点での預金残高を明らかにする資料のみでなく、当該預金の入出金の経緯が明らかになるものを併せて提出願います。
⑥支弁者と本人との関係を証明する書類(親族関係公証書)
⑦戸口簿(コピー)*支弁者が中華人民共和国の場合

-留学経費を国内支援者が支弁する場合-
①留学経費支弁書
②支弁者の住民票(外国人の場合は不要)
③支弁者と本人との関係を証明する書類
④支弁者の在職証明書または法人登記簿
⑤支弁者の預金通帳全頁写し
⑥支弁者の預金残高証明書
※その時点での預金残高を明らかにする資料のみでなく、当該預金の入出金の経緯が明らかになるものを併せて提出願います。
⑦支弁者の収入に関する資料(所得証明・株配当証明書)
※過去3年間の収入に関する資料(年ごとに)
※1.以上の出願書類に不備のあるものは受理しない。
※2.必要に応じて、書類の追加提出を求めることもあります。

7.選考方法

(1)薬科学専攻、医療栄養学専攻
書類選考

8.合格発表・入学手続締切日・入学許可・入国手続き等

合 格 発 表入学手続締切日
2018年11月15日(木)10:002018年11月30日(金)
 
(1)合否は、国内支援者に通知します。
(2)入学手続締切日までに保証人を定めて所定の納付金と所定の書類を提出しなければならない。
   手続締切日までに手続きを履行しないときは入学を許可しない。
(3)入学手続終了後、入学許可書を発行し、国内支援者に送付する。
(4)入管より在留資格認定の許可があり次第「認定証明書」を国内支援者に渡します。国内支援者は、入学許可書と認定証明書を受験者宛に送付してください。受験者は留   学査証の交付申請を受け出国・入国手続きを行ってください。
(5)入学が許可され、外国人登録を終えた者は、入学準備の完了を確認するため、入学許可書およびパスポートを持参し、本学入試課に来ること。

募集要項(研究科共通)

こちらをご覧ください。
大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項