薬科学科_sp 薬科学科_pc

薬学部薬科学科
  • 坂戸キャンパス

研究室紹介_生物薬品科学研究室

教員

  職 位  

 教 員 名 

主な担当科目

准教授

   田中  享   

基礎薬理学、薬理学A(Ⅰ)、B(Ⅱ)、臨床薬理学A(Ⅰ)、B(Ⅱ)、企業インターンシップ、薬科学演習A、B(Ⅰ、Ⅱ)、薬科学実習B、薬科学実験E、F、卒業実験

大学院生・学部配属生

大学院生

博士課程

0名

修士課程

0名

学部配属生

4年生

3名

早期配属生

2名

研究内容

  1. 胃酸、ペプシノーゲン分泌調節におけるPro含有ペプチドの作用に関する研究
  2. 胃粘膜防御機構に関する研究
  3. 消化管ホルモンと上部消化管運動に関する研究
  4. 胃粘膜に存在するガレクチン-2の生理学的意義の解明
  5. 胃粘膜細胞における薬物の毒性試験(細胞選択性の高い薬物の探索)
  6. ウレアーゼ阻害物質、H.Pyloriに対する抗菌活性物質の探索

学生への対応

業績(主な業績3報)

1) Mayumi Tamura, Dai Sato, Moeko Nakajima, Masanori Saito, Takaharu Sasaki, Toru Tanaka, Tomomi Hatanaka,, Tomoharu Takeuchi, and Yoichiro Arata
Identification of Galectin-2–Mucin Interaction and Possible Formation of a High Molecular Weight Lattice
Biol. Pharm. Bull. 40(10), 1789–1795, 2017
 

2) Takashi Mikami, Kazuma Ito, Hetzel Tartera Diaz, Per M. Hellström, Erito Mochiki, Shota Takemi, Toru Tanaka, Sachiko Tsuda, Takamichi Jogahara, Ichiro Sakata, Takafumi Sakai,
Study of termination of postprandial gastric contractions in humans, dogs, and Suncus murinus: role of motilin- and ghrelin- induced strong contraction.
Acta Physiol ogica, DOI 10.1111/apha, 12933,  2017
 

3) Z.V. Bakaeva, A.D. Sangadzhieva, S. Tani, N.F. Myasoedov, L.A. Andreeva, V.I. Torshin, J.L. Wallace, T. Tanaka, GLYPROLINES EXERT PROTECTIVE AND REPAIR-PROMOTING EFFECTS IN THE RAT STOMACH: POTENTIAL ROLE OF THE CYTOKINE GRO/CINC-1. J. Physiol. and Pharmacol., 67(2), 253-260, 2016 

大学案内
教育
薬学研究科
入学募集要項