NEWS
2019.07.12
経営学部 お知らせ
1000人の小学生の願いを結びます 「まちづくり」授業で七夕飾りづくり【城西大学 経営学部】

20190712まちづくり七夕飾り

20190712まちづくり七夕飾り

20190712まちづくり七夕飾り

20190712まちづくり七夕飾り

 2019年7月12日の経営学部の授業「まちづくり」で、「坂戸七夕まつり」の竹飾りに、坂戸市内の小学生1000人が願いを書いた短冊を結び付けました。「坂戸七夕まつり」は坂戸八幡神社の夏祭りと一緒に坂戸北口サンロード商店会内で開催される行事。経営学部にとってこの七夕飾りづくりへの協力は、ほぼ10年になる地域連携行事です。授業となる「まちづくり」は経営学部のプロジェクト科目群の一つで、フィールドスタディー(学外での研修)に重点を置いた内容。まちづくりを具体的な取り組みで体験し、将来のキャリア形成に繋げることを目標にした取組みです。
 12日の朝、担当の方が竹林から10本切り出し、08:00には坂戸キャンンパスへ搬入済み。教室では担当の方から「子供たちが心を込めて書きました」「自分のものや友だちの短冊を探しにきます」「丁寧に、上からバランスよく結びつけてください」と説明がありました。小雨を気にしながら、竹に願い事が書かれた短冊を結び付け、学生は「子どもが見えやすいように低いところにつけるかな」「私の実家は宮城県で七夕は8月」などの話をしていました。
 学生は教室に戻りレポートを提出して授業終了ですが、その間に七夕飾りはトラックに積まれ、街の会場へと運ばれて行きました。坂戸七夕まつりは、来場者が1万人に達する行事だそうです。

追記:経営学部石井ゼミが、坂戸七夕まつりの7月13日16:00~から「サクシーダーJ」ステージショーを行います。お楽しみに!
(広報課)

20190712まちづくり七夕飾り

朝08:00 もう竹を切って持ってきています

20190712まちづくり七夕飾り

会場へ運ぶのも担当してくださっています
学生に体験の機会をつくってくれる方々があっての地域連携です。ありがとうございます。

前のページに戻る

TOPへ
検索