NEWS
2020.12.04
薬学部薬学科医療栄養学科薬科学科研究科 お知らせお知らせ(学科内)お知らせ(学科内)お知らせ(学科内)薬学研究科
【薬学部・薬学研究科】城西大学薬学部教員がInternational Journal of Molecular scienceのguest editors(特集号:Nutrients and nitrite)として論文の公募を始めます。
Message from the Guest Editors

 以前から硝酸/亜硝酸は、体内で一酸化窒素合成酵素(nitric oxide synthase: NOS)が生成したNOの酸化過程でできる不活性な最終産物として扱われてきました。しかし現在、これらは血液や組織中で還元され、NOや他の生物学的活性をもつ窒素酸化物として体内で有意義にリサイクルされていることが分かっています。

 NOSにより産生される内因性NOは血管内皮機能の障害や肥満などによりその生物学的利用が低下し、高血圧やインスリン抵抗性、虚血性心疾患等の生活習慣病の原因になっています。しかし最近の多くの研究では、野菜等の食事から摂取された硝酸は、腸・唾液-硝酸-亜硝酸-NO経路(enterosalivary pathway)を介してサイクリックGMP依存性、非依存性のNOシグナルを細胞や組織へ伝達し生活習慣病の予防や改善に貢献していることが明らかにっています。

 この特集では、栄養素としての亜硝酸の予防や治療効果の研究がライフスタイル関連の疾病のみならず、バラエティーに富んだ病態等においても広く展開されていくことを期待しています。

Keywords: 
nitrate and nitrite; nitric oxide (NO); enterosalivary-nitrate-nitrite-NO pathway; microbial flora; mitochondrial electron transport chain; nitrosylation; nitrosation; ischemia/reperfusion injury; oxidative stress; crush syndrome; breastfeeding; lifestyle-related diseases; sports and exercise; COVID-19

Special Issue: Nutrients and Nitrite
Website:https://www.mdpi.com/journal/ijms/special_issues/nitrite
Deadline for submissions: 30 April 2021
 

International Journal of Molecular scienceのguest editors

城西大学薬学部教員がInternational Journal of Molecular scienceのguest editors(特集号:Nutrients and nitrite)として論文の公募を始めます

前のページに戻る

TOPへ
検索