NEWS
2021.03.22
薬科学科 お知らせ(学科内)YKの授業・学生活動
【薬科学科 (4年制)】就職活動と研究~面接で役に立ったこと~
 3月1日を境に企業の就職活動が本格化しました。薬科学科の研究室では
研究と就職活動の両立をしている学生、大学院生がいます。今回は研究室で研究をしてきて就職活動で役に立ったことを教えてもらいました。

 研究を通じて説明する力がついたと思います。
 面接では「自己PR」や「趣味」が良く聞かれますが、理系の大学や大学院出身だと「研究室(ゼミ)でどんな研究をしたか」というのがよく聞かれます。
自分も一生懸命研究してきたつもりなので頑張った成果について話してしまいたくなるのですが、面接では違いました。面接官の方は自分とは研究分野の違う方がほとんどですし、文系出身の方も多くいらっしゃいます。なので誰にでもわかるような説明が必要でした。私の場合、研究室のセミナーで研究を説明する機会がありましたし、4年次に学会発表をすることができたので、誰にでもわかる説明をする機会が多かったと思います。
 就職活動では「研究」以外にもいろいろと自分のことについて説明するので、発表の場が多くある研究室でその力がついたと思います。



 城西大学薬学部薬科学科【4年制】ではR & D*で人々の「健康と美」を支える人材を育成しています。
*R & DResearch and Developmentの略、研究開発のこと)

YKzoomセミナー

研究室ではオンラインでも発表の機会が多くあります

YK学会発表

学会(写真は2019年の学会発表)ではわかりやすい説明を心がけました

前のページに戻る

TOPへ
検索