NEWS
2022.05.12
経営学部 お知らせ
ビッグデータマーケティング教育でセキ薬品の店舗を視察しました【経営学部】

 経営学部は、埼玉県を中心に地域に密着したドラッグストアを展開している株式会社セキ薬品(埼玉県南埼玉郡宮代町、関伸治会長・関善夫社長)、ビッグデータプラットフォームを運営する株式会社True Data(東京都港区、米倉裕之代表取締役社長)と連携してビッグデータマーケティング教育を実施しています。5月12日、学生によるセキ薬品の店舗「ドラッグストアセキ 武州長瀬店」毛呂山町若山)の視察がありました。
 4月7日から開講した田部渓哉准教授の「データベースマーケティングA」(全15回)の授業の一環。新しい産学連携の試みとして注目されるこの授業では、学生がビッグデータを活用し、セキ薬品の売り場づくりや店頭販促施策を企画提案します。売り上げ拡大を目的に、「ボディソープ」と「洗顔料」を取り上げ、地域のお客様が商品を選びやすく、欲しい商品に出会え、新たに欲しい商品にも気付けるような売り場づくりを学生が提案。データ分析においては、ビッグデータマーケティングの手法を活用し、セキ薬品の購買データと、True Dataの生活者ビッグデータ を重ね合わせて読み解きます。
これまでセキ薬品とTrue Dataによる講義が行われ、この日の店舗視察になりました。履修する2年生11人のうち、この日、店舗視察に訪れたのは5人。担当者から売り場の説明を受けた後、班に分かれて店舗のレイアウトや商品陳列などを見て回りました。この日の視察体験は、ほかの学生とも共有。今後、データに基づく売り場の企画づくりを通じて最終報告をまとめることにしています。

 履修する北村壮真さんのコメント
 これまで洗顔料の売上を特定店舗と関東全体で比較し、リピート率の違いなどについて調査してきました。関東全体では売れている商品が特定店舗では売れていないなどが分かりました。今回の店舗視察は、その理由を考える手がかりを見つけることが目的です。いろいろなデータから、お客様が商品を手に取ってもらいやすい売り場づくりを提案したいと思います。来店客数や売上が多い時期、店舗と市場での価格の比較など、様々なデータを使った上での店舗の研究をする力を身につけて行きたいと考えています。

 指導する田部准教授のコメント
 量的・質的データから適切に意味を読み取り、説得力のあるマーケティング提案ができるようになることが授業の狙いです。通常の授業ではなかなか触れられない、貴重な現実の販売データを提供していただいています。そうしたリアルなデータを前に、どのような角度から整理すれば課題が明確になるのかといった、探索的思考力を鍛えてもらいます。また課題の解決策を企画する際はその有効性をデータで裏付ける、論理的思考力を育みます。
数字に苦手意識を持たず、データから市場動向を多角的に読み取り、それを客観的な根拠としながらマーケティング提案ができるようになることを期待します。
(広報課)

 

20220512ビッグデーターマーケティング田部ゼミ

20220512ビッグデータマーケティング田部ゼミ

20220512ビッグデータマーケティング田部ゼミ

20220512ビッグデータマーケティング田部ゼミ

前のページに戻る

TOPへ
検索