NEWS
2022.05.16
薬学科 お知らせ
【薬学科(6年制)】1年生の薬学実習A化学系の様子です
59日、10日に「有機化合物の溶媒への溶解性と抽出」という実験が実施されました。その実験風景をお伝えします。

生まれて初めての分液操作をしています。液液抽出で各種有機溶媒と水が分離することを確認中です。

実習A1

実習A2

実習A3

実習A4

今回、実験の最終課題です。

実習A5

 

実習A6

左は実習書からの実験課題の抜粋です。エリスロシンBp-フェニルアゾフェノールが混ざった溶液から、塩基の強弱を利用して、右のように、エリスロシンB(ピンク色)とp-フェニルアゾフェノール(黄色)を水相に抽出しなければなりません。
 2種類の強さが異なる塩基を用いる順番を考えてもらいましたが、学生さん全員が成功することができました。色が付く実験は楽しいとのことです。

 以上、新入生がはじめて臨む実習風景をお伝えしました。
城西大学薬学部薬学科では、1年次から4年次まで前期・後期に渡って、いろいろな実験・演習がプログラムされた実習が行われています。

 1年次は化学・生物・物理系の基礎的な実習で、2年次からは薬理・衛生・薬剤系の実習をして、4年次は薬剤師として必要な実習が実践されています。
今後、それらの実習の様子をお伝えしていきます。

前のページに戻る

TOPへ
検索