NEWS
2022.06.23
薬学科 お知らせ
【薬学科(6年制)】6年生の岡部君が優秀発表賞を受賞しました
 薬学部薬学科 生体分析化学研究室6年生の岡部敦大君が、2022年度日本生化学会関東支部例会で発表し、優秀発表賞を受賞しました。発表演題は「出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeのアルコール発酵におけるポリアミンの役割」です。出芽酵母はワインやビールのアルコールを造ったり、パンを膨らませる等、発酵を行うことで我々の生活に深く浸透している生物です。今回、岡部君は生理活性物質ポリアミンが酵母のアルコール発酵に重要な役割を果たすことを明らかにしました。この研究成果により、将来ワインやビールの製造が加速するだけではなく、環境負荷の少ないバイオエタノールの効率的生産が可能になると期待されます。

生化学会関東支部1

優秀発表賞を受賞しました

生化学会関東支部2

これからも研究頑張ります!

前のページに戻る

TOPへ
検索