NEWS
2022.09.26
薬学科 お知らせ
【薬学科6年制】「自分ごと化 城西・薬学」  芋スイーツチーム  コミュニケーション体験演習(YY必修科目)

さつまいも堀り後、全員で集合写真!

さつまいも堀り後、全員で集合写真!
薬学科では、4年生の必修科目であるコミュニケーション体験演習で、2022年度テーマ「自分ごと化 城西・薬学」 として各プロジェクトチームが活動してきました。 
 
学生15名による今年初挑戦の“芋づくり”を行う『芋スイーツチーム』は、9月14日(水)(晴れ)に、『さつまいも堀りイベント』を行いました。 
5月から8月までは、天候も考慮し、手分けをして水をあげたり、草取りなど、さつまいもの成長の過程を共有し合いながら畑と向き合ってきました。一緒に植えていた「トマト」、「なす」、「かぼちゃ」、「マリーゴールド」、「ひまわり」は、7月から8月にかけて、これらを収穫し味わったり、花々が咲いて素敵な農園を見ることができました。9月になると、さつまいもが無事に大きくなっていることが確認でき、いよいよ収穫を迎えました。 
 
ここまでの間、この授業のコンセプトである、地域の方と芋掘り体験を通じ、親睦を図りながら、薬学の魅力を伝えると共に、健康増進に貢献できればと、協働活動する施設を考えたり、学生一人一人が協力し合い、話し合いを行なってきました。コロナ禍のため、安全を考慮し、当初予定していた計画は断念せざるを得ませんでしたが、大学の教職員の方々、学科主任、同学年の友人や研究室の先輩方などのご協力のもと、感染対策を考慮しつつ、無事に『さつまいも堀り』ができました。 
 
収穫前のつる切りから、さつまいもを傷つけないように優~しく土を掘り、さつまいもが見えると歓声があがり、さつまいも全体が出てきて穫れた時の表情はとても嬉しそうで、教員達も嬉しくなりました。無事に、さつまいもが育ち、収穫できた喜びをみんなで分かち合うことができました。収穫したさつまいもは、参加した皆さんで分け合い、また、協働施設へもお届け予定です。『ベニアズマ』と『べにはるか』の味の違いはわかるでしょうか? 
 
農業経験の少ない学生がさつまいもの栽培を通して、ひとつのものをじっくり育てる、そして、人との繋がり、職員の方々との協働活動を通じ、チームとしての協働活動を醸成するという貴重な体験をできたことでしょう。当初の計画の変更はあっても、それも貴重な経験です。これからの学外実習でもお互いに思いやりをもって、様々なことを経験していって欲しいと願っています。 

無事に育ったさつまいも畑。芋掘り前の畑

無事に育ったさつまいも畑。芋掘り前の畑

いよいよ芋掘りスタート!(スタート前に記念に一枚)

いよいよ芋掘りスタート!(スタート前に記念に一枚)

皆で、つる取りをして準備です

皆で、つる取りをして準備です

さつまいもが見えてきました。

さつまいもが見えてきました。

たくさん穫れています!

たくさん穫れています!

学生も楽しんでます

学生も楽しんでます

教員も楽しんでます

教員も楽しんでます

協働活動!教職員のみなさま、とても楽しそうです!

協働活動!教職員のみなさま、とても楽しそうです!

芋掘り完了

芋掘り完了

前のページに戻る

TOPへ
検索