国際交流・留学 Study abroad
現代政策学部3年 福島悠斗
留学先:カリフォルニア大学リバーサイド校(アメリカ)
留学期間:2019年4月~2019年9月           

私のアメリカ長期留学

        半年間のアメリカでの長期留学が無事に終了しました。私にとってこの半年間は今までの人生の中で一番大きな挑戦でした。また同時に、多くの人と出会い、沢山のことを学び、経験し、大きく成長できました。私にこのような経験をさせてくれたすべての人に感謝しています。

体験談(福島2)

        私が長期留学を希望した理由は二つでした。一つ目は将来の航空業界への就職が目標にあり、その目標を叶えるために語学力のさらなる向上、多々ある文化や宗教、生活や価値観を学びたいと思ったからです。二つ目は、大学一年時に一か月弱のアメリカ短期留学をして、そこで沢山のことを経験し、長期留学に向けて大きな影響を受けたからです。
        私は、すでに一度短期留学を経験していたので、ある程度のことはすでに知っている、アメリカに長期で渡っても難なくこなせるのではないか、そのように思っていました。しかし、実際アメリカに長期で渡ると私の想定したものごとと違うことや困難なことが沢山ありました。特に最初の三か月間は言葉の壁にぶち当たり、頭の中で考えている事がスムーズに言葉にできなかったり、相手の言っていることが理解できなかったりと大変な思いをたくさんしました。そんな時私のホストファザーが「失敗を恐れるな。何度も何度も挑戦し続けることに意味がある。」「あなたは成長しているよ」と言ってくれました。この言葉に救われ、また励まされ壁を乗り越えることが出来ました。今後の人生でもこの言葉を胸に生きていきたいと思います。四か月目を過ぎてくると英語でスムーズに海外の学生らとコミュニケーションをすることができるようになり、学校の友達やルームメイトと話すこと、また週末に出かけることが日に日に楽しくなっていきました。

体験談(福島1)

        私が長期留学をして最もよかった事は、どこかに旅行にいった、またなにかを食べに行ったようなことではありません。アメリカで出会ったすべての人との時間が私にとってかけがえのない宝物になりました。毎日の授業でのクラスメイトや先生との会話や、昼休みや放課後に他国の学生と話し大笑いをしたこと、家でのホストファミリーとの会話、これら全てが私の人生の大きな財産です。
アメリカでの留学は、語学力はもちろんですがそれ以外にも多くのことを私に与えてくれました。「困難な壁にぶつかった時の対応力や忍耐力」「失敗を恐れず何事にも挑戦することの大切さ」これらを大切に大学卒業後、社会に出てからも生きていきたいと思います。
そして、最後に、とっても楽しかったです。見るものすべてが新鮮で、長期留学をすることができてよかったと心から感じています。

長期留学レポートを読んでいただきありがとうございました。留学について何か質問ありましたらLS 17264@josai.ac.jpまでご連絡ください。

体験談(福島4)

TOPへ
検索