城西大学薬学部
城西大学薬学部
JOSAI UNIVERSITY Faculty of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences

薬・食・生活から人々の健康にアプローチ

城西大学薬学部は、
薬剤師を養成する薬学科、薬科学研究者を育成する薬科学科、管理栄養士を養成する医療栄養学科の
3学科で構成されている日本で唯一の薬学部です。
薬・食・生活、それぞれのアプローチで人々の健康を支えるための専門分野の学びを深め、
さらに3学科相互の連携により、将来、医療の現場や企業などでの
多職種連携にも対応できる幅広い視野をもったスペシャリストを育成します。

人々の健康を支える
3つの学科

薬学部の卒業後の進路

※2020年3月卒業時

  • 薬学科

    キャリア形成プログラムも充実、
    確かな就職実績
    があります!

  • 薬科学科

    多くの学生が将来、
    研究・開発者を目指すので
    大学院進学率が高いのが特徴!

  • 医療栄養学科

    半数以上は医療系分野に。
    大学院進学する学生も
    少なくありません!

    医療系の職種61.5%
  • 教育の特色

    • 基礎固めから学びをサポート!

      基礎固めから学びをサポート!
      スムーズに大学の学びに移行できるよう入学前サポートを充実。教育支援室や担任制度でも一人ひとりをしっかりサポートします。
    • 国家試験合格に向けて学習支援!

      国家試験合格に向けて学習支援!
      国家試験対策講習会や模擬試験を実施。担当教員が弱点などをフィードバック。研究室などで仲間とともに学べる環境も整っています
    • 栄養・薬学アドバンストコースを設置!

      栄養・薬学アドバンストコースを設置!
      薬物治療だけでなく、栄養管理の素養も身につけた次代の薬剤師を養成するための「栄養・薬学アドバンストコース」を設置しました。
  • めざせる専門職

    • 多職種連携や栄養管理チームへの参加で
      チーム医療に貢献する薬剤師
    • これからの時代に一層必要とされる
      在宅医療・地域医療に貢献する薬剤師
    • 医薬品情報の提供や開発、麻薬取締官など
      企業や行政で活躍する医療がわかる職業人
    薬剤師国家試験新卒者合格率
  • 研究室Pick Up

    • 病院薬剤学研究室

      患者ファーストの"くすりの設計"を通じて、科学する薬剤師を目指します。

      【主な研究テーマ】

      • 種々経皮吸収促進技術を利用した皮膚に対する
        物理的刺激による皮内免疫活性化に関する基礎的研究
      • 電気や超音波のような物理エネルギーを利用した
        高分子薬物の経皮・経粘膜吸収促進法の実用化に向けた検討
      • 爪白癬治療のための局所適用型新規製剤開発に向けた検討
      • 速やかなてんかん重積発作抑制のための
        鼻腔内投与製剤の開発に向けた検討
      • 全身作用を期待した口腔粘膜付着製剤の
        調製および評価に関する研究
      もっと研究室を見る
      病院薬剤学研究室 病院薬剤学研究室

      患者ファーストの"くすりの設計"を通じて、科学する薬剤師を目指します。

  • 教育の特色

    • 機能性食品の安全・安心を科学する!

      機能性食品の安全・安心を科学する!
      体のしくみを理解して、食品と薬の両方の性質をもつ「機能性食品」の安全性や有効性を調べ、その開発に取り組むことができます。
    • 美容の安全・安心を科学する!

      美容の安全・安心を科学する!
      皮膚や化粧品に関する研究室で、化粧品の効果を検証しながら皮膚の中で何が起きているのか研究し、学ぶことができます。
    • 医薬品の安全・安心を科学する!

      医薬品の安全・安心を科学する!
      医薬品開発につながる研究をしています。また、医薬品の効果だけでなく、開発者に求められる開発経緯や市場性などの理解も深められます。
  • 薬科学科が追求する「薬」「美」「食」
    就職率100%

    めざせる専門職

    • 医療品、化粧品・機能性化粧品、機能性食品
      などの研究者・開発者・技術者
    • 医薬情報担当者(MR)や医薬品、化粧品、食品、
      生活化成品企業の営業職・販売職など
    • 中学・高校・大学教員、科学捜査研究所(科捜研)
      職員や麻薬取締官など教育・行政職
    就職率100%
  • 研究室Pick Up

    • 生物有機化学研究室

      植物や最近がつくり出す天然の化合物から、新しい医療品の候補を探る。

      【主な研究テーマ】

      • フラボノイドに代表される天然有機化合物を基盤とした
        誘導体合成と生物活性評価による新規生活習慣病治療薬の開発
      • 天然有機化合物を基盤とした誘導体合成と定量的構造活性相関
        (QSAR)解析による新規医療品候補化合物の探索
      • In silico計算に基づいた誘導体デザインと生物活性の評価
      • In silico計算による誘導体-酵素間相互作用シミュレーション
        による新規医療品候補化合物の探索
      • ポリアミン代謝制御を目指した化合物の合成と病態モデルを
        用いた評価
      もっと研究室を見る
      生物有機化学研究室 生物有機化学研究室

      植物や最近がつくり出す天然の化合物から、新しい医療品の候補を探る。

  • 教育の特色

    • 一人ひとりに最適な栄養治療ができる
      管理栄養士へ!

      一人ひとりに最適な栄養治療ができる管理栄養士へ!
      「バイオサイエンスを基盤に、人間の健康を意識した栄養を理解する」“医療栄養学”を修得します。
    • 薬学部にある医療栄養学科ならではの
      カリキュラム!

      薬学部にある医療栄養学科ならではのカリキュラム!
      栄養学とともに薬学の知識・技能を持った管理栄養士や機能性食品を開発・評価・提案できる管理栄養士の養成を目指しています。
    • 楽しみながら学べる!

      学科主催の食と栄養に関連した学生サークルの活動で、楽しみながら授業だけでは得られない実力を付けます。

      もっと学生サークルを見る
  • めざせる専門職

    • 多職種連携や栄養管理チームで
      栄養治療ができる病院管理栄養士
    • 企業での機能性食品の研究・開発・評価
      国・地方自治体の栄養行政などで活躍
      できる管理栄養士
    • 在宅治療の栄養ケアや乳幼児の
      栄養相談などで地域医療・福祉に貢献できる
      管理栄養士
    管理栄養士国家試験合格率
  • 研究室Pick Up

    • 食品機能学研究室

      からだと心を健康にする「機能性食品」を開発中。

      【主な研究テーマ】

      • 食品・食品成分の生体機能におよぼす作用の解析
      • 食と幸福感に関する研究
      • フレイル予防のための機能性食品の企画開発とメニュー開発
      • コラーゲンペプチドの作用メカニズムの解明
      もっと研究室を見る
      食品機能学研究室 食品機能学研究室

      からだと心を健康にする
      「機能性食品」を開発中。