城西大学 理学部 化学科 / 城西大学大学院 理学研究科 物質科学専攻 有機機能化学研究室 Functional Organic Chemistry Laboratory
城西大学TOP 理学部化学科TOP
配属希望の方へ
 我々の研究室では、新しい機能や特性の向上を目指した分子を設計し、その分子を実際に合成することで、分子の構造と物性の相関を明らかにする研究を行っています。 また、その結果を基に、新しい分子の設計指針を見出し、これまでにない特性や機能を持った新しい機能性材料の開発を行っていきたいと考えています。

 有機分子の機能の発現を理解し新たな機能を設計するためには、物理化学や量子化学、情報科学などの知識が有効です。また、設計した分子の合成には有機化学に関連した知識が必要です。

学部生の方へ
 まだ、いろいろな経験や考え方に毒されていない、フレッシュな頭だからこそ、これまでにない新しい研究の切り口を開いていくことができると期待しています!
失敗を恐れず、チャレンジ精神を持って卒業研究に取り組むやる気が最も重要だと思います。
 しかし、研究を進める上では、基礎的な知識は必要です。卒業研究を進めるうえで、役に立つ科目として2、3年生で開講されている選択科目をいくつか推薦しております。
 2年次科目として、
有機化学T・物理化学T・無機化学T・物理化学T
 3年次科目として、
有機化学UA・B・物理化学U・量子化学・機能有機化学・外国書購読・機器分析・物質取り扱い技術・結晶化学・錯体化学・情報科学
などです。
 もちろん、これらを全て履修している必要はありません。
 また、その他の科目も履修することで、より幅広い視点で研究を進めることができれば、新しい発見につながるかもしれません。
 チャレンジ精神と、やる気のある学生は、ぜひ、私たちの研究室を訪問してみてください。
あなたの研究で世界が変わるかもしれません♪

大学院希望の方へ
“守破離”という言葉をしっていますか?
」は、師についてその流儀を習い、その流儀を守って励むこと
」は、師の流儀を極めた後に他流をも研究すること
」は、自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すこと

 学部での卒業研究を“守”とするならば、修士課程の研究からは“破”そして“離”と進化していってほしいと考えています。
 学部で養った基礎的な研究技術を基に、自分の色を織り込んだ研究を展開することで、“一流”の研究者となって修士課程を修了してほしいと考えています。
 他大学を含め、大学院への進学を意識している学生の来訪も、お待ちしております。


△ページトップへ