城西大学中欧研究所 E-ジャーナル「中欧研究」

中欧研究所について

本研究所は、学校法人城西大学の学術センターとして東京紀尾井町キャンパスに設置され、中欧地域に関する国際教育・研究の推進機能を担います。現在は城西国際大学に属しています。
中欧研究の奨励、中欧地域と日本における学術交流・学生交流を推進するとともに、広く国際関係を支える人材の育成にも努めます。
毎年、セミナー、シンポジウム、講演会等を開催し、学術誌を発行するほか、中欧諸国の大学との交流活動・共同研究の推進などを行います。

スタッフ紹介

ベルタラニチュ、ボシティアン Boštjan BERTALANIČ

城西大学現代政策学部 准教授
専門・研究分野:国際関係論、EU研究、日本・中欧関係史
論文:
‘Les Rapports Entre Le Japon et Le Royaume Des Serbes, Croates et Slovenes Lors de La Conference de Paix de Paris’, in Andrej Rahten and Janez Šumrada(eds.),Les Cinq Grands et La Creation Du Royaume Des Serbes, Croates et Slovenes, 393–416. Ljubljana: CEP/SAZU/ZRC. 2011
‘Political Culture in Transition: Changing Values and Consolidation of Democratic Rule in Slovenia, 1991-2004’ , Inter Faculty 2, pp. 27–55. https://journal.hass.tsukuba.ac.jp/interfaculty/issue/view/2. 2011
‘Exploring the Origins of Japanese-Yugoslav Relations during World War I: The Case of Yugoslav POWs in Japan,’ , The Electronic Journal of Central European Studies in Japan, no. 1. 2015
「第一次世界大戦中スロヴェニア――ソチャ前線での戦いからユーゴ王国まで」柴宣弘,  アンドレイ・ベケシュ、山崎信一(編著)『スロヴェニアを知るため60章』 明石書店、  2017年、59-63ページ
‘Lt. Col. Yanagawa Heisuke and the Demarcation of Prekmurje: A Japanese Account of the Yugoslav-Hungarian Border Commission’s Activities in 1921- 1922,’ in Žarko Lazarević, Nobuhiro Shiba, Kenta Suzuki,The 20th Century through  Historiographies and Textbooks : Chapters from Japan, East Asia, Slovenia and  Southeast Europe, Ljubljana, 2018, pp.191-202
‘Opportunities and Challenges for V4 plus Japan Relations in the Post-Brexit EU’,The Electronic Journal of Central European Studies in Japan , no.4. 2018 ‘Teaching International Relations in Japan : How to Introduce the Yugoslav  Civil War in a Culturally Diverse Classroom’. 『城西現代政策研究 11 (1)』 107– 114ページ. https://doi.org/info:doi/10.20566/18819001_11(1)_107. 2018年
‘Slovenia’s Anti-Harassment Policies in the EU Context’. 『城西現代政策研究 12 (1)』2019年、27–32ページ.

ホルバート、アンドリュー Andrew Horvat

城西国際大学国際人文学部招聘教授、城西中欧研究所副所長
専門・研究分野:北東アジア近現代史、歴史和解、メディア研究、言語政策
主な著書・論文:
『歴史の共有に向けて――戦後ヨーロッパ・アメリカ・アジアの取り組み』(共編)  Asia Foundation/Friedrich Ebert Stiftung. 2003年.
‘A Strong State, Weak Civil Society and Cold War Geopolitics; why Japan lags behind Europe in confronting a negative past’, in Shin, Gi-wook et al (eds.), Rethinking Historical Injustice in Northeast Asia, Routledge/Stanford, New York, 2006, pp. 216-34.
‘Japan's News Media––how and why reporters and news organizations influence public policy’ in Kotler, M.(ed.), The Ideas Industry: Comparative Perspectives, Washington DC: The Edwin O. Reischauer Center for East Asian Studies, Johns Hopkins University, 2016 pp. 95–133.
‘Japan’s Activist News Media – how and why reporters and news organizations became a positive force in confronting a negative past’ in Burrett and Kingston (eds.), Press Freedom in Contemporary Asia, Routledge, 2019


飯尾唯紀

東海大学、文化社会学部、ヨーロッパ・アメリカ学科 准教授
専門分野:ハンガリー史、東中欧地域研究
論文等:『近世ハンガリー農村社会の研究』(北大出版会、2008年)

井上直子

城西大学経済学部 准教授
専門・研究分野:イタリア・スロヴェニア国境地域の産業振興政策、ヨーロッパの繊維・服飾産業史、絹紡糸・銘仙の世界史など
論文:
‘Silk Waste, Spun Silk, and Meisen Kimono: Technological Transfer and Emergence of New      Industry in Japan from the late 19th Century to the 1930s’, in Miki Sugiura(ed.),   Transformations of Use and Value, c.1700-2000, Tokyo: ICES, Hosei University Publishing, March, 2019.(2019年3月)
「機械制絹糸紡績とファッションの民衆化 1790-1930」『城西大学経済経営紀要』第 36巻、2018年3月
‘Le industrie goriziane e l’Istituto per il Promovimento delle Industrie in Gorizia 1902-1914’ (トリエステ大学博士論文2008年4月)
「国境を挟む協力:イタリア・スロヴェニア国境の町ゴリツィアの事例」木畑洋一編 『ヨーロッパ統合と国際関係』日本経済評論社、2005年12月

キラーイ、アッティラ Király Attila

城西国際大学国際人文学部 准教授
専門・研究分野:日本と中欧(ハンガリー)の交流史、宗教学、語学教材開発(特にハンガリー語とハンガリー伝統文化を紹介する教材開発)
著書・論文:
『ハンガリー語学習者の辞書 Magyar tanulószótár』(Dictionary for Hungarian language learners), 城西国際大学, 2019年
‘Some Additional Remarks on the History of Hungarian Buddhism and the Influence of Buddhism in Hungary at the Turn of the 19th and 20th Centuries: Explorers, Collectors, and First Accounts on Japanese Buddhism and the Buddhist Connection to Japonisme in Hungary’, The Electronic Journal of Central European Studies in Japan, no. 4. (December, 2018) https://www.josai.ac.jp/jices/ejces_j/index.html
‘History of Hungarian Buddhism and the influences of Buddhism in Hungary until the 1920's’, The Electronic Journal of Central European Studies in Japan, no. 3. (October, 2017) https://www.josai.ac.jp/jices/ejces_j/no3.html’
‘A tokiói Jaszukuni-szentély és területe (The Yasukuni shrine in Tokyo and its district)’ in Antroport könyvek 6. A nemzettudat tárgyiasulásai /Háttértanulmányok a magyarság és az etnicitás kutatásához/, edited by András A. Gergely and Richárd Papp, Budapest: MAKAT, 2015, 150-178.
‘Sintó szentélyek a csibai partvidéken (Shinto shrines on the maritime coast of Chiba)’ in Antroport könyvek 2. „...áttekinthetetlen szövedék gyönyörű geometriája...” Féner Tamás 75. születésnapjára, edited by András A. Gergely, Budapest: MAKAT, 2014, 92-109.
‘Benyovszky Japánban (Benyovszky in Japan)’ in 1869/1959/2009. Emlékkönyv a magyar- japán diplomáciai kapcsolatok kettős jubileumára. (Festschrift for the double jubilee of the Hungarian-Japanese diplomatic relations), edited by Ildikó Farkas, István Szerdahelyi, Yuko Umemura, Péter Wintermantel, Budapest: ELTE Eötvös Kiadó, 2009, 9-26.

マツシャク、シルビア Sylwia Matusiak

城西大学経済学部 助教
専門・研究分野: アジアとヨーロッパの経済関係(特に日本と中・東ヨーロッパ)
論文:
‘The trade relations between Japan and Visegrad Group countries in the light of Linder's Overlapping Demand Theory’, Josai University Bulletin Department of Economics, No.37, March 2019.
‘The Trade Relations between Japan and Visegrad Group Countries’, Josai University Bulletin Department of Economics, No.36, March 2018.
‘Współpraca Japonii i Grupy Wyszehradzkiej’, in Marszałek-Kawa J. and Wawrzyński P. (ed), Wyzwania gospodarki a polityka państw azjatyckich, Toruń, 2015.

柴 宜弘

城西国際大学大学院・国際アドミニストレーション研究科特任教授、城西中欧研究所長
専門・研究分野:東欧地域研究、バルカン近現代史、歴史学
著書:
『図説バルカンの歴史』(増補4訂新装版)河出書房新社、2019年
『ユーゴスラヴィア現代史』岩波新書、1996年(第20刷、2019年)
『バルカンの民族主義』山川出版社、1996年(第14刷、2019年)
共著:
『世界大戦と現代文化の開幕』(世界の歴史26)中公文庫、2009年(再版、2019年)
編著:
『バルカン史』山川出版社、1998年
In Search of a Common Regional History: the Balkans and East Asia in History Textbook,   The University of Tokyo, 2006.
『バルカン史と歴史教育――『地域史』とアイデンティティの再構築 』明石書店、2008年 『地図で読む世界史』実務教育出版社、2015年 
『バルカンを知るための65章』(新版)明石書店、2016年
共編著:
『東欧地域研究の現在』山川出版社、2012年
School History and Textbooks: Comparative Analysis of History Textbooks in Japan and Slovenia, Inštitut za novejšo zgodvino, Ljubljana, 2013
『クロアチアを知るための60章』明石書店、2013年
『セルビアを知るための60章』明石書店、2015年
『東欧を知る事典』(新版)平凡社、2015年
『ボスニア・ヘルツェゴヴィナを知るための60章』明石書店、2019年
The 20th Century Through Historiographies and Textbooks: Chapters from Japan, East Asia, Slovenia and Southeast Europe, Inštitut za novejšo zgodvino, Ljubljana, 2018
論文:
「歴史教育における和解の試み――バルカン諸国の場合」『アメリカ太平洋研究』(東京大学) 第11号、2011年
「バルカンにおける共通歴史教材づくり―『バルカンの歴史-バルカン近現代史の共通教材』  から考える」『歴史学研究』No.916,2014年6月、18―23ページ
「ロシア語教師ドゥシャン・トドロヴィチと第一次世界大戦――辺境地域出身者のナショナ  ル・アイデンティティ」E-ジャーナル『城西中欧研究』第4号、2018年12月
「コソヴォの独立を考える――独立宣言から10年を経て」奥野良知『地域から国民国家を問う』  明石書店2019年、175-201ページ
「新生国家ユーゴスラヴィアと日本――両国交流の黎明期を中心に」E-ジャーナル『城西中欧  研究』第5号、2020年4月

柴 理子

城西国際大学国際人文学部 教授
専門・研究分野:ポーランド史、日本・東欧関係史
論文:
「明治期の新聞報道に見るバルカン・イメージに関する一考察」『東京国際大学論叢』     第16号(通巻第66号), 2010年9月
「『白系ロシア人』音楽家カテリーナ・トドロヴィチの日本滞在(1)―1910年代まで の足跡」E-ジャーナル『中欧研究』第2号、2016年
‘Images of the Balkans in the Japanese Media of the Meiji Period’, Godišnjak za društvenu istoriju XVIII, sv. 3, 2011, Beograd, 2012, pp.7-16
‘Between Japan and Russia: The Balkans in Meiji-Japan’s Newspapers’ in Aleš Gabrič et al.(eds.), School History and Textbooks: A Comparative Analysis of History Textbooks in Japan and Slovenia, Ljubljana, 2013, pp.247-255
‘Katerina Todorović(1877-1974): A central European Pianist and the Japanese Reception of Western Music in the Early 20th Century’ in Žarko Lazarević et al.(eds.), The 20th Century through Historiographies and Textbooks: Chapters from Japan, East Asia, Slovenia and Southeast Europe, Ljubljana, 2018, pp.203-220
翻訳:
『日本・ポーランド関係史【増補改訂版】』(エヴァ・パワシュ=ルトコフスカ、ア ンジェイ・T.ロメル著)彩流社、2019年