鈴木春信
《六玉川
  井手の玉川》
東洲斎写楽
《二代目嵐龍蔵の
金貸石部金吉》
鳥居清長
《風流三つの駒
  馬貝》
喜多川歌麿
《針仕事》
葛飾北斎
《詩哥写真鏡
  少年行》
菱川師宣
《見立石山寺
  紫式部図》
宮川長春
《見立業平東下り図》
勝川春章
《美人愛猫愛犬図》
伊東深水
《春の夕暮》
前田青邨
《紅白梅》

最新情報 一覧表示







展覧会情報

坂戸市所蔵美術品展 現代版画の世界
【前期】2018年11月3日(土・祝)〜 12月8日(土)
【後期】2018年12月13日(木)〜 2019年1月26日(土)

本学がある埼玉県坂戸市が所蔵する美術作品の中から銅版画、リトグラフ、木版画の現代版画44点を前期と後期に分けてご紹介します。 前期では、現代銅版画の第一人者である中林忠良(1937-)の銅版画と、中林に師事した東谷武美(1948-)のリトグラフ計22点を、後期では山本容子(1952-)、鈴木英明(1945-)、筆塚稔尚(1957-)の銅版画、木版画計22点をご覧いただきます。 様々な素材から生み出される現代版画の世界をどうぞお楽しみください。