鈴木春信
《六玉川
  井手の玉川》
東洲斎写楽
《二代目嵐龍蔵の
金貸石部金吉》
鳥居清長
《風流三つの駒
  馬貝》
喜多川歌麿
《針仕事》
葛飾北斎
《詩哥写真鏡
  少年行》
菱川師宣
《見立石山寺
  紫式部図》
宮川長春
《見立業平東下り図》
勝川春章
《美人愛猫愛犬図》
伊東深水
《春の夕暮》
前田青邨
《紅白梅》

最新情報 一覧表示







展覧会情報

IMABARI Color Show−人と技術が紡ぎだす今治の色−
2018年4月3日(火)〜 5月12日(土)

2015年に設立50周年を迎えた愛媛県繊維染色工業組合主催の‘技術の展示’となる本展は、2017年12月東京・青山の「スパイラルガーデン」、 2018年2月愛媛・今治の「みなと交流センター はーばりー」にて先行開催された内容をコンパクトにまとめ、映像やパネル、実物展示によって「IMABARI」カラーの染色技術やそれを支える人たちをご紹介します。 本展を通して、日本のモノづくりの素晴らしさを人と技術の側面から感じてください。

   

水田コレクション展 江戸の装い
2018年4月4日(水)〜 21日(土)

町人が経済的な余裕を持つ江戸時代、女性たちは、その時の流行色や模様、様々な素材が用いられたきものを、季節や行事に合わせて身に纏(まと)い、装うことを楽しんでいました。 このたびの展覧会では、所蔵の水田コレクションの中から、肉筆浮世絵や錦絵といった絵画資料を中心に、江戸時代の様々な装いをご紹介。その他、遠山記念館のご協力により、ご所蔵品の中から実際に着用されていた江戸時代中期〜後期のきものも展示します。 豊かな江戸の装いの世界をどうぞお楽しみください。