鈴木春信
《六玉川
  井手の玉川》
東洲斎写楽
《二代目嵐龍蔵の
金貸石部金吉》
鳥居清長
《風流三つの駒
  馬貝》
喜多川歌麿
《針仕事》
葛飾北斎
《詩哥写真鏡
  少年行》
菱川師宣
《見立石山寺
  紫式部図》
宮川長春
《見立業平東下り図》
勝川春章
《美人愛猫愛犬図》
伊東深水
《春の夕暮》
前田青邨
《紅白梅》

最新情報 一覧表示







展覧会情報

第4回めっけたさかど!デジタルフォトコンテスト 入賞作品展
2019年5月9日(木)〜7月6日(土)会場:ギャラリー2

 本学のある埼玉県坂戸市では、2015年度より「めっけたさかど!デジタルフォトコンテスト」を毎年開き、市内でめっけた (見つけた)四季折々の自然やまちの風景、行事などを撮影した写真のコンテストを行っています。地域の魅力を伝える一助となれるよう、昨年に引き続き、2018年度の入賞作品展を開催いたします。 募集テーマ「観光編」「坂戸よさこい編」に応募のあった中から入賞作品38点をパネルにしてご覧頂きます。 坂戸市の魅力がぎゅっと詰まった本展をどうぞお楽しみください。

  

2018年度収蔵 新収蔵品展 Part2. 楊洲周延《時代かゞみ》全点展示
前期:2019年6月11日(火)〜7月6日(土)
後期:2019年7月10日(水)〜8月3日(土)
会場:ギャラリー1

 「2018年度収蔵 新収蔵品展」の第二弾、明治の浮世絵師、楊洲周延による美人画の代表作《時代かゞみ》大判錦絵53枚揃い全点を前期後期に分けてご紹介します。 本作は、建武時代から明治半ばまでのおよそ500年間に渡る、各時代の美人の姿が当時の髪型と装いで描かれています。 本展では、目録1枚、附録2枚を前後期通して展示し、前期では建武から安永までの25枚、後期では安永から明治半ばまでの25枚をご紹介していきます。中世から近代までの歴史とともに美人画の流れもお楽しみください。