鈴木春信
《六玉川
  井手の玉川》
東洲斎写楽
《二代目嵐龍蔵の
金貸石部金吉》
鳥居清長
《風流三つの駒
  馬貝》
喜多川歌麿
《針仕事》
葛飾北斎
《詩哥写真鏡
  少年行》
菱川師宣
《見立石山寺
  紫式部図》
宮川長春
《見立業平東下り図》
勝川春章
《美人愛猫愛犬図》
上村松園
《美人納涼図》
松林桂月
《八仙花》

最新情報 一覧表示


【重要】
1月22日の講演会、28日のスライドトークは新型コロナウィルス感染症の急拡大を受け、中止となりました。なお、美術館の観覧は可能です。観覧のみ希望の方は観覧の予約時間にお越しください。
観覧不要の場合は特に連絡は必要ありません。


当館は感染症予防対策をより一層徹底して開館しております。
密を避けるため、ご来館は事前予約制となっております。
ご来館の皆様にも以下の注意事項についてご理解・ご協力をお願いいたします。










展覧会情報


ふたつの東海道五十三次 -山下清と葛飾北斎-
2022年1月11日(火)〜 2月10日(木)

 この度、城西大学水田美術館におきまして「ふたつの東海道五十三次−山下清と葛飾北斎−」を開催する運びとなりました。 本展では、文化年間(1804〜18)出版の《東海道五十三次・絵本驛路鈴》を、日本有数の浮世絵コレクター中右瑛氏のコレクションよりご紹介します。 そして、山下清が晩年ライフワークとしていたものの、病のために最後の貼絵まで完成することが叶わなかった遺作《東海道五十三次》の版画を展示いたします。 気軽に旅行をするには憚られる世情ではありますが、 本展を通して、葛飾北斎と山下清、江戸と現代の二人の画家が描いた「東海道五十三次」の世界を巡り、少しでも旅の気分を味わっていただけましたら幸いです。




ご好評により「MOA美術館児童作品展特設サイト」は閲覧可能期間を2022年2月16日(水)まで延長いたします。(展覧会は2021年12月17日(金)で終了いたしました。)