2019年度展覧会


※この展覧会は終了いたしました。



2018年度収蔵 新収蔵品展 Part2.
楊洲周延《時代かゞみ》全点展示






   

会  期: 前期:2019年6月11日(火)〜7月6日(土) 後期:2019年7月10日(水)〜8月3日(土)
会  場: 城西大学水田美術館 ギャラリー1
開館時間: 午前10時〜午後4時 ※入館は閉館の30分前まで
休 館 日 : 日曜日・月曜日・7月16日(火)※ただし、7月15日(祝・月)は開館
観 覧 料 : 無料





昨年当館所蔵となった収蔵品を2回かけてご紹介する「2018年度収蔵 新収蔵品展」の第二弾を開催します。


「楊洲周延《時代かゞみ》全点展示」と題し、明治29年(1896)から翌30年にかけて制作された明治の浮世絵師、楊洲周延による美人画の代表作《時代かゞみ》大判錦絵53枚揃い全点を前期後期に分けてご紹介します。


本作は、建武時代から明治半ばまでのおよそ500年間の長きに渡る、各時代の美人の姿が当時の髪型と装いで描かれていて、美人の変遷を辿ることができます。画面下段に美人図を配し、上段には該当する時代に流行していた芸能、文化、職業、行事等が描かれており、美人像の変遷を見つつ、歴史の移り変わりも同時に確認することが可能です。墨を主色に、控え目に描かれた上段とは異なり、下段の美人図は鮮やかな色彩が用いられ、華やかに表現されています。


本展では、目録1枚、附録2枚を前後期通して展示し、前期では建武から安永までの25枚、後期では安永から明治半ばまでの25枚をご紹介していきます。中世から近代までの歴史を振り返りながら、美人画の流れもお楽しみください。




関連企画
■スライドトーク(主な出品作品について学芸員がスライドで解説します)
日 時: 7月6日(土)、7月20日(土) 各回午後2時〜(約30分)
会 場:城西大学水田記念図書館2階視聴覚室
*申込不要*入室は午後1時30分から

※前期スライドトークは6月22日(土)から7月6日(土)へ変更となりました。



※終了いたしました。



−主な作品−


楊洲周延《時代かゞみ》大判錦絵53枚揃より





1、「建武之頃 竹馬の古図」
明治29年(1896)





2、「元和之頃 左甚五郎」
明治29年(1896)





3、「明暦之頃 手鞠之古図」
明治30年(1897)




4、「天和之頃 塗笠あみ笠」
明治29年(1896)




5、「天明之頃 雑司ヶ谷会式」
明治29年(1896)



6、「文政之頃 鶴御成」
明治29年(1896)



7、「安政之頃 飛鳥山かわらけなげ」
明治29年(1896)



8、「明治 皇居」
明治30年(1897)

*1〜4=前期展示、5〜8=後期展示