2019年度展覧会




久保孝久風景画展
−自然を見つめて−




   
会  期: I期 2020年1月7日(火)〜1月25日(土)
        II期 2020年2月4日(火)〜2月22日(土)
会  場: 城西大学水田美術館 ギャラリー2
開館時間: 午前10時〜午後4時 ※入館は閉館の30分前まで
休 館 日 : 日曜日・月曜日・祝日、1月17〜18日 (大学入試センター試験前日準備および試験当日のため)
観 覧 料 : 無料



埼玉在住の日本画家 久保孝久(1950〜)の風景画をご紹介します。


久保は、1973年、埼玉大学教育学部美術科を卒業後、日本画家の大野百樹に師事し、1999年から西田俊英の指導も受け、県展をはじめ、日本美術院展などに出品、様々な賞を受賞しながら画歴を積み重ねてきました。


30代では滝をテーマに、関東・関西にある滝を描くことに熱中、40代以降は、高原の道とそこに残る雪に魅了され、現在も続くテーマとして描いています。


また、海の波の美しさに心を打たれ、千葉県鴨川に取材した作品も残しています。


常に自然と向き合い、静けさの中にも僅かな時間の流れ、空気の変化をつぶさに捉えながら、それを画面に表現する久保の風景画からは、高潔さを感じると同時に、どこか親しみのある気持ちも抱かせてくれます。


本展では、院展に初入選した1981年から近作までの16点を二期に分けてご覧頂きます。I期は1980年代から90年代、II期は2000年代から現在までの作品を展示します。本展を通し、作家が見つめ続けてきた自然の静かな息吹を感じ取ってください。




関連企画
■ギャラリートーク(作家による作品解説)
I期作品=2020年1月11日(土)/II期作品=2020年2月15日(土)  各日午後2時〜(40分程度)
会 場:水田美術館2階ギャラリー2  ※申込不要






−主な作品−




それぞれの作品の材質技法は紙本、彩色、額(1面)、号数は150号となります。
作品はすべて作者蔵となります。








1、《春韻》 1981年
*T期展示










2、《寂韻》1983年
*T期展示





3、《野辺山》1996年
 *T期展示





4、《残雪への道》 2000年
 *U期展示





5、《雪林》2015年
*U期展示





6、《沖つ波》 2019年
*U期展示