2021年度展覧会

※この展覧会は終了しました。





収蔵品展 浮世絵







会  期: 2021年9月20日()〜10月15日(金)
会  場: 城西大学水田美術館 ギャラリー1
開館時間: 午前9時30分〜午後4時30分 
      ※入館は閉館の30分前まで
休 館 日 : 土曜日、日曜日
      ※10月2日、9日は関連企画開催のため、9月20日、10月11日は授業実施日のため開館します。
観 覧 料 : 無料
主   催 : 城西大学水田美術館


 本展は、平成29年度から令和2年度までに収集した収蔵品の中から浮世絵版画をご紹介する 展覧会です。


風景画家として名を馳せた歌川広重による七福神を描いた竪二枚続のおめでたい版画をはじめ、 大歌川派の地盤を強固にした歌川国貞(三代歌川豊国)や、歌川国芳、月岡芳年、豊原国周、楊洲周延といった国芳とその系譜に連なる絵師の作品合計21点をご紹介します。当館の浮世絵収蔵品をお楽しみください。


関連企画 ※終了しました。

スライドトーク(学芸員による展示みどころ解説) 


日 時:10月8日(金)午後2時〜(約30分)
会 場:当館1階多目的スペース
申 込:不要 ※事前の来館予約は必要です。

●会場スペースに限りがあるため、人数制限を掛ける場合があります。予めご了承ください。
●来館予約は、来館時間 午後1時30分〜をお願いいたします。
●当日展示も鑑賞する際は、スライドトーク開催前(午後1時30分〜午後2時)にご鑑賞頂くか、開催後にご鑑賞下さい。開催後の場合は、来館時間 午後2時30分〜の予約もお願いいたします。





<主な作品>








歌川広重《七福神宝船》大判錦絵竪二枚続、
天保14年〜弘化4年(1843〜47)頃、当館蔵


 


歌川国貞《松山やきう稲荷の図》大判錦絵三枚続、
文化8年〜天保13年(1811〜42)頃、当館蔵





歌川国芳《浮世又平名画奇特》大判錦絵二枚続、
嘉永6年(1853)、当館蔵
 


 


歌川芳勝《五體和合心臍之教訓》大判錦絵二枚続、
文久2年(1862)、当館蔵


 


豊原国周《苅萱道心 沢村訥升》大判錦絵、
明治2年(1869)、当館蔵






楊洲周延《学校生徒体操ノ図》大判錦絵三枚続、
明治19年(1886)、当館蔵