2021年度展覧会





むんだすいぬやーぬ 首里城正殿の屋根







会  期: 2021年7月26日(月)〜9月3日(金)
会  場: 城西大学水田美術館 ギャラリー2
開館時間: 午前9時30分〜午後4時30分 
      ※入館は閉館の30分前まで
休 館 日 : 土曜日、日曜日、7月30日(金)、8月30日(月)、夏期休業(8月6日〜22日)
      ただし、7月31日(土)、8月28日(土)は関連企画開催のため開館
観 覧 料 : 無料
企   画 : 石井龍太(城西大学経営学部准教授)
主   催 : 城西大学水田美術館
共   催 : 沖縄県立博物館・美術館
協   力 : 沖縄タイムス


 首里城(すいぐすく)は、考古学、文献史学等の成果によれば、少なくとも13世紀中には首里の地に何らかの形で登場し、15世紀までには政治的な機能を果たすようになったと考えられる。 そして沖縄島の勢力が統一された15世紀以降は「琉球王国の王城」としての役割を450年に渡り担い続けることとなる。19世紀後半の王国の消滅と共に王城としての役割を終えるが、その後も特別な空間という意識は続き、軍隊が、学校が留まる歴史が繰り返された。
そして戦前と戦後の2度の復元後は、観光地としても大きな役割を果たしていた。1992年の復元時には「戦後復興の象徴」という意味付けも加えられることとなる。


  こうした長い歴史と多面的な性格を持つ首里城は、時代によってその姿を変えてきたこともまた知られている。2019年10月の火災以降、首里城とは何だったのか、その実像について、再び広く興味関心が集まり始めた。


 本展示は、これまでになされた様々な研究蓄積を総合し、特に首里城正殿の屋根(むんだすいぬやーぬ)に焦点を当てて、その実像を時系列に沿って追究する。また壁の色調や龍柱をはじめ、議論の的となってきた事柄を含めた建物全体の姿についても、史資料を踏まえて検証し思い切った復元を試みる。
 

 本展示は、首里城を巡るイメージを少なからず動揺させることになるかも知れない。今後の議論の一助となれば幸いである。
                                     石井龍太(城西大学経営学部准教授)


関連企画
講演会 

日 時:9月3日(金)午後1時〜午後3時
演 題:「首里城の誕生」  
講 師:山本正昭(沖縄県立博物館・美術館主任学芸員)  
会 場:城西大学水田三喜男記念館 講堂(定員50名)   
*参加人数は1組3名様までとなります。
*参加希望の方は、参加者氏名/参加人数/連絡先(複数の場合は代表者様の連絡先)を、
下記いずれかの方法により、事前にお申し込みください。


@メール=museum@josai.ac.jp 
A電話=049-271-7327 
BFAX=049-271-7342
C予約フォームからのお申し込み



*講演会会場と展示会場は建物が異なりますため、当日展示もご覧になる方は、下記時間帯より
 来館のご予約時間も併せてお知らせ下さい。    
 来館時間=9:30〜/10:30〜/11:30〜/15:30〜




■展示解説
(本展企画者 石井龍太准教授による解説)

7月31日(土)、8月28日(土) 各日@午後2時〜 A午後3時30分〜     
9月3日(金)午前11時〜 
※各日約45分〜60分程度となります

会場=水田美術館2階ギャラリー2


■入門者向け展示解説
(本学経営学部石井ゼミ生による解説)

7月31日(土)、8月28日(土) 各日@午後12時〜 A午後1時〜
 ※各日約30分程度となります  

会場=水田美術館2階ギャラリー2


※展示解説は申し込み不要ですが、一般来館者の方は来館予約が必要です。
来館予約は詳細はこちら


※講演会、展示解説は録画をし、後日美術館YouTubeにアップロードいたします。
※アップロードのお知らせは当館ホームページ、Twitterでお知らせいたします。





《旧首里那覇鳥瞰図》石版画、近代頃、37.9×109.2cm、当館蔵